フルモデルチェンジ版・レクサス新型「LX」はこうなる?というレンダリングが公開。デビューは2020年内が濃厚との噂が浮上

2020-05-27

スポンサーリンク

~あくまでも「LX」は他のグレードとは異なる独自のデザイン言語を持たせる?~

via:https://spyder7.com/

さて、以前より度々噂されているフルモデルチェンジ版・レクサス・フラッグシップ新型SUVモデル「LX」(トヨタ「200系ランドクルーザー」の兄弟車種)について。
今回、自動車ニュースサイトSpyder7(Response)さんでも、新型に関する情報並びに予想レンダリングを公開しているのでご紹介していきたいと思います。

今回Spyder7さんが公開した新型「LX」の予想レンダリングですが、レクサスを象徴するスピンドルグリルはこれまで通り採用されており、よりワイド感を加えつつも、新型「CT/RC/RX/UX/GX」等と言った非F SPORT専用ドット柄グリルではなく、従来通りとなる水平基調のフラットバーを装備していますね。

ちなみに非F SPORT専用のドット柄グリルはこんな感じ。
最近発表された新型「GX」が一番イメージしやすいかと思います。

スポンサーリンク

~実は「LX」のスピンドルグリル採用には、かなりの時間を要しているため、大幅な変更は無いと予想~

via:https://spyder7.com/

更にフロントヘッドライトは、従来と同じ連なるタイプの三眼LEDヘッドライトを搭載し、その直下にはL字型のLEDデイタイムランニングライトとシーケンシャルと思われるウィンカー用のクリアランスを設けています。
パッと見た感じでは、現行モデルとほとんど変わり映えしないようなデザインとなっているものの、プレスラインは複雑化し、フェンダーモールの張り出しもアグレッシブに変化していますね(個人的にはもう少し凹凸面を無くしてシームレスにしても良いのでは?と思ったり…)。

なおプラットフォームについては、TNGAプラットフォームではなく新設計のラダーフレームを採用する可能性が高いとのことで、高い剛性と走破性を高めることで、よりオフロードらしい足回りを提供することが考えられますね。

~パワートレインは環境法規制も考慮してダウンサイジングターボが濃厚~

シートレイアウトについても、現行同様に2列5人乗りと3列8人乗りを設定する見込みとのことですが、新世代プラットフォームを採用することによる室内での居住性等がどれだけ向上しているかも気になるところ。

またパワートレインについては、現行の排気量5.7L V型8気筒自然吸気エンジンから、排気量2.5L V型6気筒ツインターボエンジンと同エンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドシステムの2種類をラインナップする可能性があるとのことですが、前回当ブログでもお伝えした通りレクサスが新たに「LX600」を商標登録したことを考えると、この名称はツインターボエンジンのみを採用するガソリンモデルの可能性も十分に考えられますね。

なお自動車情報誌ベストカーにおいても、新型「LX」のスクープ情報を掲載していて、そこには現行の排気量5.7L V型8気筒自然吸気エンジンよりもダウンサイジングターボ化された排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(現行「LS500」とは異なる新開発エンジン)+電気モータを組合わせたハイブリッド仕様になるものと予想。

もちろん、純粋なハイブリッドシステムであれば車体重量増の影響を受けることは間違いないのですが、敢えて1モータ式の48Vマイルドハイブリッドシステムを採用することで必要最小限の質量増に抑え、更には低排気量エンジンを採用することで車体重量の軽量化とパワーバランスを強化し、これにより”排気量6.0L相当のパワー”を得る1台になるのではないか?とも考えられますね。

上にて考えられるマイルドハイブリッドシステムについては、「LX」だけでなくトヨタ新型「300系ランドクルーザー」にも搭載される可能性はあるものの、安全装備以外の様々なおもてなし機能が新型「LX」に追加装備されるのであれば、車体重量が若干重くなるであろう「LX」のシステム総出力値が高くなるのは何となく予想が付きますね。

気になる登場時期についてですが、Responseの情報によれば2020年内に登場することが濃厚であると説明しています。

☆★☆新型「LX/ランドクルーザー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Spyder7

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう