カナダのスーパーカーメーカ・フェリーノが最新モデル「CB7R」を発表!オプションで7リッター大排気量エンジンを搭載、サイドミラーがとんでもない位置に設けられている件

2020-05-27

~カナダからまたとんでもないスーパーカーが誕生したようだ~

カナダのスーパーカー新興メーカであるフェリーノが、全く新しい公道スポーツモデルとなる「CB7R(Felino CB7R)」を世界初公開しました。
フェリーノ曰く、このモデルはスポーツカーを長年操作してきた経験豊富な顧客をターゲットにしたものだそうで、更にはハイエンドスーパーカーセグメントの主要な国際メーカ、つまりはランボルギーニやフェラーリといったところを競合にした一台とのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~「CB7R」は公道走行が可能なスーパーカーであり、エンジンも2種類から選択可~

新型「CB7R」は、かなり過激な外観を持ちながら、車内は基本的に2人乗り、過去にフェリーノが発表したベースモデルの「CB7」とデザイン言語を共有化しているとのことですが、今回のモデルは末尾にもついている”R”にもある通り、”Race”ではなく”Road”を意味しているとのことから、公道走行が可能な個体となっているそうです。

フェリーノによれば、「CB7R」はこれまでにないドライビングエクスぺリエンスと感情を所有者にもたらすため、レーシングドライバの経験と感覚も交えて設計が施されているとのこと。
パワートレインは、排気量6.2L V型8気筒エンジンとアメ車並みの大排気量エンジンを搭載し、最高出力525hp/最大トルク659Nmを発揮。

更にオプションにて、排気量7.0L V型8気筒エンジンをラインナップしているそうで、こちらは最高出力700hp/最大トルク786Nmを発揮し、0-100km/hの加速時間は僅か2.9秒にて到達するとのこと。
加速性だけを見たら、フェラーリ「812スーパーファスト」やランボルギーニ「アヴェンタドールSV」に匹敵する加速性能を持ちますね。

~レーシングドライバが新たに考案した”位置が高すぎるサイドミラー”~

足回りについては、エンジンスペックに関係なくフロント390mm(6ピストン)・リヤ378mm(4ピストン)のブレーキキャリパを採用し、前後重量バランスは50:50の理想的な配分を持ち、更に車体重量は僅か1,135kgとコンパクトカーよりも超軽量に仕上げられているとのことです。

それにしても…サイドから見た時のスタイリングも中々にエグイですが、Aピラーとルーフの間にサイドミラーが設けられるのも中々にクレイジーですね。
左右の視認性を高めるものだと考えられますが、慣れるのにちょっと時間がかかりそう。

気になる価格帯についてですが、今のところ明確な情報は無いものの、オプション内容によって約3,900万円~約7,170万円にて販売されるかもしれないとのことです。

~メキシコではこんな過激モデルが発表されている!~

2015年末に世界初公開された、メキシコの新興メーカであるインフェルノ・エキゾチックカーのエクストリームハイパーカー「インフェルノ」。
実はこのモデル、2016年10月時点で公式にて市販化することが決定していて、世界限定11台中8台が完売となっていました。

ただ、それ以降の詳細となる情報は全く明らかにされておらず、現在本当に市販化されていて納車準備も進んでいるのかは全く不明なままとなっています。
そんな「インフェルノ」というスーパーカーは、一体どういった個体なのか、おさらいも兼ねてご紹介していきたいと思います。

~「インフェルノ」はあらゆる先進的な技術を集約させた世界最高の一台だ~

その過激な見た目は、ドイツの新興メーカであるアポロ「IE(Intensa Emozione)」に匹敵するほどにエッジの利いたデザインなのですが、この個体のデザインを担当したのは元ランボルギーニのチーフデザイナであるAntonio Ferraioli氏。

「インフェルノ」は、過激な見た目を持つだけでなく、シャシーには、”Zinag(Zinc/Aluminium/Silver)”と呼ばれる特殊な可塑性低密度合金を用いており、軽量にしてレベル4の装甲車輌に匹敵する強度を持つと言われています。
更には、衝撃吸収性の高い素材「metal foam(発泡金属)」を採用していて、これだけのスペックを持ちながらも車体重量は1,200kg未満を実現しているとのこと。

気になるパワートレインについては、世界的に有名なWRCのマニュファクチャラーチームによって開発されたV型8気筒ツインターボエンジンが搭載され、最高出力1,400hp/最大トルク1,526Nmとブガッティ「シロン」に近いパワーを発揮します。

直線性のパフォーマンスについては明らかにされていませんが、パワーウェイトレシオは1未満となるため、相当な加速性能を発揮するのではないか?と言われていることを考えると、0-100km/hの加速時間は2秒未満を期待したいところ。

なお、気になる車両本体価格は2.15億円とのことで、ブガッティ「シロン」よりは安価になっている模様。
日本人オーナーが先行にてオーダーしているという情報は入っていないため、おそらく国内モーターショーにて拝見することはないと思われますが、アメリカ・中東市場辺りでのモーターショーにて出展される可能性が高そうですね。

☆★☆新興メーカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう