ホンダが”より控えめ”な新型の特別仕様車「シビック・タイプR”Sport Line”」を発表。何とリヤウィングレスで控え目スポイラーに変更へ

2020-05-27

~まさか立て続けに特別仕様車を2台も発表してくるとは~

ホンダは先ほど、日本市場向けに限定200台のみとなるマイナーチェンジ版・新型「シビック・タイプR(Honda New Civic Type R)」をベースにした特別仕様車「シビック・タイプR”リミテッド・エディション(Limited Edition)”」を発表しましたが、今度は欧州市場向けとなる廉価版に近い?特別仕様車の「シビック・タイプR”スポーツ・ライン(Sport Line)”」を発表しました。

今回発表された個体は、今のところ日本市場やアメリカ市場では販売される予定は無いとのことで、先ほどのLimited Editionとは異なり、リヤウィングが外され、その代わりとして控えめなリヤスポイラーが装着された一台となります。


~控え目志向の方はコチラがおススメかもしれない~

ちなみにリヤスポイラーはこんな感じ。
ボディカラーと同色で、非常にまとまりのあるデザインに仕上げられています。

足元のアルミホイールですが、こちらも従来の20インチとは異なる控え目の19インチV字スポークタイプのホイールを装着し、更に引き締まりを強化したダークグレー仕上げとなっています。
ブレーキキャリパはブレンボ製を採用。タイヤについては、グリップ性能を落とさないミシュラン製パイロットスポーツ4Sを標準装備しているそうです。

リヤデザインはこんな感じ。
あの過激なリヤウィングが外されたことで印象がガラッと変わりましたね。
これはこれで派手ではありますが、ちょっと廉価版っぽくも見えます。もしかすると価格帯も抑えられる可能性も高そうですね。

インテリアは非常にスパルタン。
ブラックをメインとしたスポーツシートに、レッドとホワイトのカラードステッチを縫合することでレーシーな印象を与えていますね(さりげなくシートベルトもレッド)。

パワートレインは特に変更なしで、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力315hp(欧州市場向けに設定)/最大トルク400Nmを発揮。
トランスミッションは6速MTのみとなります。
なお、価格帯については明らかになっていませんが、おそらくコチラもLimited Edition同様に春頃に詳細が明らかになるのではないかと思います。

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう