ホンダが突如として日本限定200台のみとなる新型「シビック・タイプR Limited Edition」を発表!専用パーツ多数、気になる詳細仕様や価格は?

2020-05-27

~まさか新型「シビック・タイプR」の特別限定者が登場するとは…~

ホンダといえば、2020年1月に開催された東京オートサロン2020にて、マイナーチェンジ版となる新型「シビック・タイプR(Honda New Civic Type R)」を世界初公開しましたが、今回遂にマイナーチェンジ版をベースにした特別仕様車となる「シビック・タイプR”リミテッド・エディション”(Civic Type R Limited Edition)」を世界初公開しました。

このモデルは、日本限定200台のみ販売されるとのことで(画像は海外仕様とのことで、おそらく海外でも限定版が販売されると予想)、BBS製20インチ鍛造アルミホイールやミシュラン製パイロットスポーツカップ2のハイグリップ20インチタイヤ、そして特別専用カラーとなるサンライトイエローⅡ&ブラックの2トーンカラーが設定されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~スーパーカーでも採用されるミシュラン製タイヤを標準装備、即完売も十分にあり得る~

見た目はもちろんですが、まさか足回りにはブガッティ等でも設定されるミシュラン製パイロットスポーツカップ2タイヤを装着してきたのは意外でしたね。
あとはマイナーチェンジ版に合わせて、グリル開口部を大幅に拡大し、エンジンルームの冷却効率を向上させ、足回りにおいてもブレンボ製2ピースディスクブレーキを採用することにより、より強力なブレーキ性能を発揮。

過激なスポーツアクセントを加味するだけでなく、安全性においても高い評価を受けているHonda SENSINGも標準装備するというのはありがたいポイントですが、やはりそれに合わせて価格帯も大きくアップしてくることは間違いないと思います。

この特別仕様車の詳細情報並びに販売価格についてですが、今のところ明らかになっておらず、2020年春に公式ホームページにて発表予定とのこと。
現行モデルで約450万円ぐらいですから、もしかすると480万円~500万円に到達するのではないか?と個人的には予想していますが、こうした特別限定モデルの希少性は高いでしょうし、即完売も確実ではないかと思いますね。

【2021 Honda Civic Type R Limited Edition: First Look】

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Honda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう