まさかの日本でも発売!アルファロメオ新型ジュリアGTA/GTAmが期間限定で受注開始。価格は2,064万円からも希少価値はかなり高そうだ

元々欧州市場向けのみ発売予定だったが、まさか日本市場でも期間限定販売するとは…

アルファロメオの創立110周年を記念した特別限定モデル・ジュリアGTA(Alfaromeo Giulia GTA)/ジュリアGTAm(Giulia GTAm)が欧州市場向けとして限定500台のみ販売されましたが、何と日本市場でも2021年4月26日~5月9日までの期間限定にて、確定受注を受け付けることが明らかとなりました。

FCAジャパンによると、新型ジュリアGTA/ジュリアGTAmは、確定注文に基づく受注生産モデルになるとのことで、オーダー受付後は公式ウェブサイトのコンフィギュレーターに基づいての仕様詳細決定した後、10%の頭金(約200万円)の振込みが必要となります。

最短でも納車は2021年末以降になるとのことですが、恐らく転売目的にて購入されるユーザーも多いのではないかと思います。


クアドリフォリオよりも最大100kgの軽量化に!

アルファロメオ・ジュリアGTAは、ジュリア・クアドリフォリオをベースにした更なるスペシャルハードコアモデルで、”GTA”は軽量モデルの”Gran Turismo Alleggerita=Grand Touring Lightened”を意味。

具体的には、新型ジュリアGTAでカーボンファイバー製のボンネットやルーフ、フロントバンパーやフロントフェンダー、ルーフ、リアディフューザーにもカーボンをふんだんに使用

そして、更に上位グレードのジュリアGTAmになると、ポリカーボネート樹脂素材のウィンドウをサイドとリアに採用することで、クアドリフォリオよりも100kgほど軽量化されており(GTAでも50kg軽量化)、0-100km/hの加速時間は僅か3.6秒を実現するとのこと。

ジュリアGTAmは4ドアなのに後席は完全排除の変態モデル

ちなみに”GTA”よりも更にクレイジーなグレードとなる”GTAm”に関しては、何と後席を完全排除した2シーター仕様で、6ポイント式ハーネスやロールバー、アルカンターラ素材を部分的に設けたゴリゴリのレーシングタイプとなるものの、何と公道走行可能というから驚きです。

クアドリフォリオよりも更に+30ps向上

気になるパワートレインについてですが、ジュリア・クアドリフォリオと同じ排気量2.9L フェラーリ製V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力510ps→540psへとチューニングアップし、更にエキゾーストシステムをAkrapovic製チタンエキゾーストパイプに置き換えることで軽量化並びにエキゾーストサウンドも大幅に変更されているそうです。

新型ジュリアGTA/ジュリアGTAmの気になる内外装デザインは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう