トヨタ新型「C-HR/ハリアー」の中間的なモデルを意識?2020年モデル・クプラ新型「フォーメントー」が世界初公開!PHEV採用で310馬力を発揮するクールなクーペSUV

2020-05-27

スポンサーリンク

~これまたカッコいいクーペSUVが発売されるようだ~

フォルクスワーゲングループに属し、スペインの自動車メーカーとなるセアトの高性能ブランドを意味するクプラより新型クーペSUVモデル「フォーメントー(Cupra Formentor)」が世界初公開されました。

今年の春頃より登場する予定の「フォーメントー」は、スペインのマヨルカ島にある岬にちなんで名づけられ、パワートレインは排気量2.0L 直列4気筒TSIターボチャージャーエンジン+電気モーターを組み合わせたPHEVを採用することで、システム総出力310ps/最大トルク400Nmを発揮し、更に下位グレードでは排気量1.4L 直列4気筒PHEVエンジン(システム総出力245ps/最大トルク400Nm)を採用した計2グレードがラインナップされます。

スポンサーリンク

~先進的なデザインに加えて、実用性もかなり意識したクーペSUV~

クプラCEOのWayne Griffiths氏によれば、「今回発表された新型フォーメントーは、クプラというブランドを市場にて広めていくことを目的にしており、魅力的なデザインとプラグインハイブリッドを含む高性能パワートレインを備えている。このモデルは、クプラブランドを大きく進化させる一台となります」と自信を示しています。

ボディサイズとしては、全長4,450mm×全幅1,839mm×全高1,511mm、ホイールベース2,680mmとコンパクトなサイズ感で、国産SUVでいえばトヨタ「C-HR」と「ハリアー」の中間的な立ち位置(もしくはマツダ「CX-5」?)になるような一台であり、国内の立体駐車場にも収めることのできる実用的な側面もしっかりと持ち合わせています。

このほかにも、センターストリップタイプとなる直結式のリヤテールライトや、ブロンズ仕上げが可能となる19インチ大口径アルミホイールを標準装備し、ボディカラーには「アーバンシルバー/ミッドナイトブラック/マグネティックテック/キャンディホワイト/グラフェングレー/ダークカモフラージュ/デザイアレッド」といった様々なカラーをラインナップしています。

~インテリアもかなり豪華~

インテリアはこんな感じ。
ブラッシュドダークアルミニウムとブロンズのアクセントが加わった内装に加え、バケットシート(ぺトロールブルーとブラックレザーのカラーも準備)、フルLEDラップアラウンド・アンビエントライティング(ブラインドスポットモニター付き)、フラットボトムステアリングホイール、12インチタッチスクリーンインフォテイメントディスプレイ、カスタマイズ可能なデジタルゲージクラスターなども全て標準装備されています。

パフォーマンス面においては、ダイナミックシャシーコントロール(DCC)も標準装備しており、路面とドライバーの入力を常に監視し、よりスポーティで魅力的なドライビング性能を提供するとのこと。
このほかにも、12インチのインフォテイメントディスプレイについては、音声アクティベーションとジェスチャーコントロールの両方が搭載されており、Apple CarPlay/Android Autoも対応しています。

☆★☆セアト・クプラ関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう