【意外と拘りが凄い!】2021年モデル・ジェネシス新型「G80」が世界初公開!超個性的なクワッドランプ採用、ライバルはトヨタ「アバロン/レクサスES」か?

2020-05-27

~本当にこのモデルが韓国やアメリカでも売れるのか未だに疑問~

韓国の自動車メーカー・現代自動車(ヒュンダイ)の上位ブランドとなるジェネシスが、突如としてミドルサイズセダン新型「G80(Genesis G80)」を世界初公開しました。

3月末に発売予定となっている新型「G80」は、”アスレチック・エレガンス”をテーマにしたデザインを採用しているそうで、更にジェネシスの商標でもある”クワッドランプ”をフロントやサイド、リヤに搭載し、ウィンカー点滅にも使用されるため、非常に目立ったデザインに仕上がっています。
あとは、同社のアイデンティティでもあるクレストグリルをダイナミックに採用しているところも大きな特徴ですね。


~4ドアクーペスタイルは”クラシックカー”からインスパイア~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
流れるようなフロントフードが採用され、4ドアセダンというよりも非常に引き締まったボディを採用したクーペスタイルですが、ちょっとアウディ「A7スポーツバック」っぽいスタイルを持ち、こういったスタイリッシュなアクセントは”過去のクラシックカーの優雅さ”を取り入れているようです。
ちなみに足元には、20インチの大口径アルミホイールを標準装備しているとのこと。

こちらはリヤデザイン。
フロント同様にクワッドランプを採用し、更にリヤエキゾーストマフラーもフロントグリルと同じクレスト形にしているところも隠れた拘りですね。

~インテリアはちょっと高齢層を意識し過ぎ?~

インテリアはこんな感じ。
全体的に高級感を持たせたレイアウトですが、ウッド系のオーナメントパネルの色合いと言い、ちょっとオヤジ臭さが見えるのが残念。

ステアリングは何とも賛否がはっきりと分かれそうな2スポークステアリングを採用。
パドルシフトも搭載されていますが、ちょっとこのハンドルは握りにくそうですね。

その隣のセンターダッシュボードには、14.5インチの巨大なワイドスクリーンインフォテイメントシステムが搭載され、その下には横長に広がるエアコンを装備。
その他には、ロータリーシフターやメタル製のアクセント、独特のステッチを施した高級レザーシートを標準装備しています。

気になるパワートレインは、排気量2.5L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン(最高出力375ps)と、排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(最高出力375ps)、更に特定の市場では排気量3.0L 6気筒ディーゼルターボエンジン(最高出力278ps)の3種類をラインアップする予定とのこと。
競合モデルとしては、トヨタ「アバロン(Toyota Avalon)」やレクサス「ES300h」などが対象になると思われます。

☆★☆ジェネシス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう