えっ?(英)ホンダ新型「シビック・タイプR”リミテッド・エディション”」が早くも完売。抽選方式ではなくVIP顧客を優先し既に先行予約済みのようだ

2020-05-27

スポンサーリンク

~イギリス市場ではどうやら抽選方式ではないようだ~

既に日本市場でも限定200台のみ販売されることが決定したホンダの新型ハイパフォーマンス限定モデル「シビック・タイプR”リミテッド・エディション”(Honda Civic Type R Limited Edition)」ですが、このモデルがイギリス市場でも限定20台のみ販売(欧州市場の割り当て台数は100台)されることが決定しているものの、正式な発売日が確定する前に完売していたことが明らかとなりました。

未だ具体的な価格帯やオプション関係も決まっていないにも関わらず、イギリス市場においては、限定モデルを購入する意思を持つであろうVIP顧客のみを対象(おそらくは現行「シビック・タイプR」を所有する人物)にディーラーの方から声をかけており、顧客が購入意思を示した時点で先行予約を進めていたとして、20台分の枠が全て埋まってしまったそうです。

気になる価格帯については何も明らかになっていませんが、イギリス市場価格では最低でも510万円からになるのではないか?とのことで、この金額にはBBS製となる超軽量20インチ鍛造アルミホイールやユニークなサンライトイエローペイント、アルカンターラ巻ステアリングホイール、ティアドロップギアノブなどが全て標準装備され、更に車体重量も47kg軽量化されていると言われています。

スポンサーリンク

~購入できるのであれば是非とも購入したい一台~

ちなみに日本市場では、春頃より詳細な情報が提供されるとのことで、私も購入の検討を進めている一台でもあります。
まだどういった販売方法(先着順なのか抽選方式なのか)になるかは明らかになっていませんが、ホンダからの限定発売というのは非常に珍しく、加えて「シビック・タイプR」の限定モデルともなればその希少性は非常に高いでしょうし、所有する上での満足度は高いと思われます。

もちろん、投機目的として購入して即転売といったことはしたくないので、ある程度所有して軽く運転するといったことはあるかと思いますが…運よくこのモデルを購入することができたらとは思います。

~パフォーマンスは現行モデルよりも高い領域へ~

なお、日本市場でもプレスリリースされた「シビック・タイプR”Limited Edition”」の具体的なパフォーマンスの向上面については、足元にBBS製鍛造アルミホイールを装着することで約8.1kg軽量化し、更にリヤヒーターダクトや防音、制振素材、トノカバーといったパーツを完全に排除することで12.7kgの軽量化し、これらを合わせると20.9kgの軽量化に貢献しています(欧州市場モデルは更にインフォテイメントシステムとエアコンを排除するため、最終的に47kg軽量化)。

衝撃なのは軽量化だけではなく、コンチネンタルタイヤから更にグリップ性能を高めたミシュラン製パイロットスポーツCUP2タイヤが標準装備されるので、本格的なレース向けの一台に仕上げられることになります。
パワートレインについては、現行モデルと変わらずとなる排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力320psを発揮。トランスミッションは6速MTのみをラインナップします。

トータルのパフォーマンスを向上させたことで、おそらくはニュルブルクリンクFF最速記録を持つルノー「メガーヌRSトロフィーR」の7分40秒を塗り替えるため、徹底的に研究を重ねたモデルだと思われますし、何よりもこうした過激なモデルが日本に僅か200台のみ入ってくるというのも嬉しいことではありますね。

まだ具体的にどういったオプションがアリ、どれだけの価格帯になるのかは明らかになっていませんが、乗り出しで500万円超えは確実だと思いますし、もしかしたら550万円以上になる可能性もあるかもしれません。
とりあえずは、2020年春頃まで待ってみて、本当に購入することができれば、いつもお世話になっているホンダ・ディーラーにて購入したいと思います。

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう