その名は「地方男子」?!トヨタが「C-HR」とは異なる実用性と居住性を重視したCセグメントSUVを開発中との噂が浮上。エンジンはレクサス「UX」がベースに?

2020-05-27

スポンサーリンク

~トヨタは今後もSUVモデルに更に注力していくものと予想できる~

以前、自動車情報誌ベストカーが2020年5月頃に全く新しいクロスオーバー&ミニバンを組み合わせた新型「Tjクルーザー(Toyota Tj Cruiser)」を発表するといった情報を展開し、結果的に市販化されないことが明らかとなりましたが、どうやらこのモデルとは全く別となる新世代CセグメントモデルSUVが、2021年以降に登場する?との噂が浮上しています。

スポンサーリンク

~トヨタ社内では「地方男子」と呼ばれているらしい~

自動車情報誌マガジンXによると、そのモデルのトヨタ社内呼称は「地方男子」と呼ばれているそうで(2020年内に発表される予定の「ヤリス・クロス(Yaris Cross)」とは異なる)、「C-HR」のようなコンパクトなサイズ感を持つ3ナンバータイプのクロスオーバーだそうで、しかし実用性や居住性も非常に充実したモデルになるそうです。

「C-HR」のように大径タイヤを装着したスポーティで走り重視のモデルではなく、かなり控えめなヴィジュアルでありながらも、AセグメントSUVモデルとして大人気を誇る5ナンバーモデル「ライズ(RAIZE)」の方向性に近いモデルになることが予想されています(「地方男子」はTNGA GA-Cを採用する予定)。

~エンジンベースはレクサス「UX」の2リッター直4エンジン~

ただ、現時点ではどういったデザイン性を得て、どういったインテリアを採用するかまではわからないものの、パワートレインはレクサス「UX200」にも採用されるような排気量2.0L M20A型の直列4気筒直噴エンジンを搭載する可能性が高く、おそらくエンジン出力も174ps/最大トルク209Nmというスペックを持ち、燃費もWLTCモードで16.4km/L辺りを記録するのではないかと予想されます(但し燃料の種類はレギュラーとなるかハイオクとなるかは不明)。

現時点で、トヨタが日本市場にて販売するSUVモデルは「ライズ/C-HR/RAV4/ハリアー/ランドクルーザー・プラド/200系ランドクルーザー」となりますが、恐らく「地方男子」は「C-HR」と「RAV4」の中間的な立ち位置になると思われ、「RAV4」までのサイズ感を必要としない非常に使い勝手の良い一台になるのではないかと予想されます。

加えてマガジンXが予想するボディサイズは、全長4,410mm×全幅1,815mm×全高1,600mmとのことで、特に全幅は現行「ハリアー」よりも20mm狭くなるも、この辺りは都心にある立体駐車場に収まる(1,850mm以下)ことを想定したものだと考えられますが、車内の居住空間に留まらず、こうした駐車場での使い勝手や取り回しの面で特化した一台になることが期待できそうです。

走りの質感やコンセプトがどういったものになるかはまだわからないものの、「C-HR」がシティ派クロスオーバーということであれば、「地方男子」はアウトドア派クロスオーバーなのかもしれません。

☆★☆トヨタ・レクサスクロスオーバー関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう