超希少なゲンバラ「ミラージュGT」(ポルシェ「カレラGT」ベース)でクラッシュしたのはアノ有名富豪だった!しかも麻薬も使用していたという衝撃事実【動画有】

2020-05-27

~事故の瞬間もかなり衝撃的だった…~

 

この投稿をInstagramで見る

 

Porsche Gemballa Gt Mirage RIP #gemballamiragegt #gemballa #porsche #carreragt @pcny

NEW/USED Cars For Sale(@broadwayautony)がシェアした投稿 –

例の社会問題の関係でロックダウン中となっているアメリカ・ニューヨーク州マンハッタンにおいて、ポルシェ「カレラGT(Porsche Carrera GT)」をベースに、ドイツのチューニングメーカー・ゲンバラが特別カスタムした「ミラージュGT(Gemballa Mirage GT)」が大破し、更にはそのまま当て逃げするというとんでもない事故が発生したことをお伝えしました。

「ミラージュGT」は、世界限定25台のみ製造された非常に希少なモデルで、エンジンはもちろんリヤミドシップに搭載し、最高出力603hp→650hpにまで引き上げたパワフルな一台となりますが、実はこのモデルを所有していた人物が、ミリオネアプレイボーズでスーパーカー愛好家、更にはレーサーやゴールド・ラッシュラリーの創始者であるベンジャミン・チェンであることが発覚しました。


~ベンジャミン・チェンは諸星一家のようなカリスマ性を持つほどに有名な存在~

上の動画においても、その衝撃的な事故の瞬間が公開されていますが、とんでもないスピードにてバンに突っ込み、この後逃走を図ろうとするも残念ながらすぐに警察に捕まることになります。

しかもこのドライバー、実は麻薬で相当にハイになっている状態で運転していたとのことで、事故した後もかなりのパニック状態に陥り、結果として当て逃げになってしまったとのことです(ただ、ベンジャミン・チェンは今回の事故の瞬間を覚えておらず、気が付いたら拘留されていたそうです)。

同氏は、ゴールドラッシュラリーというチームでガムボール3000(GUMBALL3000)に参加するほどで、ブガッティ「シロン/ヴェイロン(Bugatti Chiron/Veyron)」やランボルギーニ「アヴェンタドールSV(Lamborghini Aventador SV)」、マクラーレン「P1」といった様々なスーパーカーオーナーを従えて活動し、過激な空ぶかしパフォーマンスを行うことでも有名で、日本でいえば諸星一家に近い存在なのかもしれません。

ただ、あまりにも度が過ぎる迷惑行為はもちろんのこと、何度も警察のお世話になったこともしばしばだったため、決して良いイメージは持たれていなかったと言われています。
そんなアウトローなスーパーカー集団のトップが、大事故並びに当て逃げ、更には麻薬のセットで逮捕されるともなると、今後スーパーカーを使った活動は無いかもしれませんね。

☆★☆事故関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう