【新型ハリアーより結構高いかも…?】トヨタ新型RAV4 PHVの見積もりしてみた!気になるポイントもチェックしていこう

2020-05-27

スポンサーリンク

~車両価格だけでもかなりのインパクトを残してくれた新型「RAV4 PHV」~

先日、どこよりも早く新型「RAV4 PHV」のグレード別価格帯や、フルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota New Harrier)」のグレード別価格帯と見積もり内容を公開しましたが、今回は新型「RAV4 PHV」の見積もり内容を公開したいと思います。

やはり新型「ハリアー」のインパクトが大きいこともあってか、「RAV4 PHV」の注目度がそこまでではないのが正直なところ。
ガソリンモデルやハイブリッドに比べてかなり価格アップしているのですが、オプションなどを含めると総額はどれくらいになるのか、早速チェックしていきましょう。

▽▼▽新型「ハリアー」の見積もり内容はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~見積もりの前に新型「RAV4 PHV」のグレード別価格帯をおさらいしておこう~

まずは見積もり内容を公開する前に、改めて新型「RAV4 PHV」のグレード別価格帯をチェックしておきましょう。
エンジングレードは、ハイブリッドモデルと同じ排気量2.5L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドのみで、駆動方式も四輪駆動(E-Four)一択のみとなっています。

【新型「RAV4 PHV」グレード別価格帯一覧(10%税込み)】

・G [E-Fourのみ]:4,690,000円
・G”Z” [E-Fourのみ]:4,990,000円
・BLACK TONE [E-Fourのみ]:5,390,000円

車両本体価格だけでも十分高額ですね…
GグレードとG”Z”グレードでは30万円の価格差となり、BLACK TONEともなると中間グレードとは40万円も異なりますね。

そしてガソリンモデルの「RAV4」が2,656,500円~3,410,000円、ハイブリッドモデルが3,261,500円~3,888,500円となるため、最も高額なHYBRID Gよりも80万円~150万円ほど価格アップしています。

以上の価格内容を踏まえて、今回はBLACK TONEとG”Z”の2種類の見積もり内容を見ていきたいと思います。

~新型「RAV4」の見積もり内容をチェックしていこう~

①:G”Z”(E-Four)

まずは中間グレードのG”Z”の見積もり内容をチェックしていきましょう。

【「RAV4 PHV」G”Z”グレード(E-Four)見積もり内容(10%税込み)】

①車両本体価格:4,990,000円

②メーカーオプション:274,200円
・ホワイトパールクリスタルシャイン:33,000円
・225/60R18タイヤ&18×7Jアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装):標準
・合成皮革+バーフォーレーション+レッドステッチ付き/ブラック:0円
・デジタルインナーミラー:44,000円
・寒冷地仕様:17,600円
・パノラマムーンルーフ(チルト&スライド電動[フロント側/挟み込み防止機能付]):143,300円
・スマートエントリー&スタートシステム(スマートキー2個)全ドア+ハンズフリーパワーバックドア:23,100円
・置くだけ充電:13,200円

③ディーラーオプション:110,000円
・ベーシックいちおしセット:110,000円
●フロアマット
●サイドバイザー
●ロックボルト・ナンバープレート用
●ナンバーフレーム
●ラゲージソフトトレイ

④税金・保険料他:155,240円

総支払額(①+②+③+④):5,529,440円

中間グレードで550万円超えですか…
普通に新型「ハリアー」のハイブリッドZ”Leather Package”の込々価格よりも高い印象ですね。

シートについては、エントリーグレードGには合成皮革+レザテックシート(レッドのカラードステッチ付き)に運転席のみ8way式電動パワーシートが標準装備。
中間グレードG”Z”と上位グレードBLACK TONEには、合成皮革(レッドのカラードステッチ付き)に運転席シートポジションメモリー(2メモリー付)+運転席8way式+助手席4way式電動パワーシートが標準装備となっています。

そしてこちらも嬉しいのが、全グレードに運転席+助手席にシートヒーターが標準装備されるだけでなく、更に後席にもシートヒーターが標準装備されます。
これはかなり豪華な装備内容ですし、レクサス「NX/RX」でも上位グレードでないと装備されないものになります。

あとはG”Z”とBLACK TONEには運転席+助手席にシートベンチレーション(シートクーラー)も標準装備されますので、夏場は非常に快適ではないかと思います。

デジタルインナーミラーは4.4万円となっていますが、あくまでも後方のみで録画機能は無いとのことなので、別途ドライブレコーダーの設置が必要ですね。

あとは快適性やリセールを考慮するのであれば、パノラマムーンルーフの装備はアリだと思います。
新型「ハリアー」では、チルト&スライドのできない調光パノラマルーフが19.8万円ですが、今回は14.3万円と少しだけ価格帯を抑えています。

なお新型「RAV4 PHV」のボディカラー価格は以下の通りになっています。

【新型「RAV4 PHV」ボディカラー一覧】

[BLACK TONE(2トーンのみ)]
[ボディ]ホワイトパールクリスタルシャイン×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ:77,000円
[ボディ]シルバーメタリック×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ:55,000円
[ボディ]グレーメタリック×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ:55,000円
[ボディ]エモーショナルレッドⅡ×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ:99,000円
[ボディ]ダークブルー×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ:55,000円

[G”Z”/G(モノトーンのみ)]
・ホワイトパールクリスタルシャイン:33,000円
・アティチュードブラックマイカ:無償
・シルバーメタリック:無償
・グレーメタリック:無償
・エモーショナルレッドⅡ:55,000円
・ダークブルー:無償

②:BLACK TONE(E-Four)

【「RAV4 PHV」BLACK TONEグレード(E-Four)見積もり内容(10%税込み)】

①車両本体価格:5,390,000円

②メーカーオプション:259,600円
・ブラック×エモーショナルレッドⅡ:99,000円
・235/55R19タイヤ&19×7Jアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装):標準
・合成皮革+バーフォーレーション+レッドステッチ付き/ブラック:0円
・寒冷地仕様:17,600円
・パノラマムーンルーフ(チルト&スライド電動[フロント側/挟み込み防止機能付]):143,300円

③ディーラーオプション:110,000円
・ベーシックいちおしセット:110,000円
●フロアマット
●サイドバイザー
●ロックボルト・ナンバープレート用
●ナンバーフレーム
●ラゲージソフトトレイ

④税金・保険料他:155,240円

総支払額(①+②+③+④):5,914,840円

総支払額ギリギリ600万円行かないぐらい!
やはり車両本体に加えて2トーンカラーの費用がかなり上がっているのもありますが、ここまで来るとレクサス「NX/RX」が購入できるレベルになってきますね。

残念ながら、新型「RAV4 PHV」では急速充電機能が搭載されていないため、長距離移動時にはちょっとした充電施設にて充電できないのが残念ですが、一応チャージモードは搭載されているので、走行中の充電は可能となっています。

中々手の届きにくい一台ではありますが、所有する満足感は高いと思いますし、何よりも新型「ハリアー」よりも優れた装備もあったりするので魅力的なモデルではあると思います。

~これまで明らかになっている新型「RAV4 PHV」の詳細情報をまとめてみた~

①:グレードは大きく3種類をラインナップ

価格配信や発表・発売の次期が少し遅れてしまう形となりましたが、ここで改めて新型「RAV4 PHV」の詳細な情報をおさらいしていきたいと思います。

新型「RAV4 PHV」では、大きく3グレードがラインナップされるとのことで、グレード内容は以下の通りとなっています。

【新型「RAV4 PHV」グレード一覧】

・G [E-Fourのみ]
・G”Z” [E-Fourのみ]
・BLACK TONE [E-Fourのみ]

上のグレードの通り、Gがエントリーグレードで、G”Z”が中間グレード、そしてBLACK TONEが上位グレードで2トーンカラーのみの設定となっています。
そして駆動方式については、電動モーターを組み合わた四輪駆動(E-Four)のみをラインナップするとのことで、この辺りは新型「ハリアー」のように2WD/4WDの両方をラインナップしない大きく異なるところではないかと思いますね。

②:パワートレインとEV航続可能距離、そしてハイブリッド燃費は?

続いてパワートレインについてですが、エンジンベースはハイブリッドモデルと同じ排気量2.5L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジンに電気モーターを組み合わせることで、システム総出力306psを発揮。

更に電動モーター(EV)のみでの航続可能距離は95km”以上”とのことで、競合モデルとなるであろう三菱・現行「アウトランダーPHEV(Mitsubishi Outlander PHEV)」の65kmよりも30km以上伸長してきています。
※但し、航続可能距離95km以上というのは、エントリーグレードGの18インチタイヤを装着した場合と言われています。上位グレードの19インチタイヤになると、更に航続可能距離は少なくなるとのこと

最初は正直「65km以上の見間違いかな?」と思ったんですが(欧州市場向けもEV航続距離は65kmなので…)、どうやら日本市場向けは95km以上のようです。
続いて「RAV4 PHV」のハイブリッド燃費については、WLTCモードで21.8km/Lを記録するとのことで、従来「RAV4 HYBRID」の20.6km/Lよりも少し燃費を伸ばしてきていますね。

③:ホイールサイズについて

ここからは新型「RAV4 PHV」に装備される特別な装備内容をチェックしていきましょう。
まず最上位グレードのBLACK TONEでは、上の通りY字スポークタイプの19インチアルミホイールが標準装備されます。

切削光輝+ブラック仕上げで、タイヤ規格は235/55 R19(19インチ×7.5J)となるため、何と新型「ハリアー」の最上位グレードにて装備される225/55 R19よりも更に太いサイズになりますね。

ちなみにG”Z”/Gにはシングル5スポークタイプとなる18インチアルミホイールが装着されます。
こちらは切削光輝+ダークグレーメタリック塗装で、タイヤサイズは225/60R18(18インチ×7J)となります。

④:ブラックのパーツ部分は全てグロス仕上げ

続いて新型「RAV4 PHV」に設定されるブラックのプロテクタパーツですが、これまでガソリンやハイブリッドモデルはシンプルなブラックの素地だったものが、PHVではフロントバンパーやリヤスキッドプレート、フロント・リヤホイールアーチモール、ドア下ロッカーモール、リヤバンパー、リヤサイドスポイラーが全てグロスブラックに変更されます。
この点についてもかなり豪華になるので嬉しいところですね。

⑤:インテリアの装備内容

続いてインテリアですが、「RAV4 PHV」に関しては、9インチのディスプレイオーディオが標準装備されます。

シートについては、エントリーグレードGには合成皮革+レザテックシート(レッドのカラードステッチ付き)に運転席のみ8way式電動パワーシートが標準装備。
中間グレードG”Z”と上位グレードBLACK TONEには、合成皮革(レッドのカラードステッチ付き)に運転席シートポジションメモリー(2メモリー付)+運転席8way式+助手席4way式電動パワーシートが標準装備となっています。

そしてこちらも嬉しいのが、全グレードに運転席+助手席にシートヒーターが標準装備されるだけでなく、更に後席にもシートヒーターが標準装備されます。これはかなり豪華な装備内容ですし、レクサス「NX/RX」でも上位グレードでないと装備されないものになります。
あとはG”Z”とBLACK TONEには運転席+助手席にシートベンチレーション(シートクーラー)も標準装備されますので、夏場は非常に快適ではないかと思います。

なお気になるパドルシフトについてですが、こちらは北米仕様では標準装備されているそうで、スタッフマニュアルの写真にもパドルシフトは装備されていたのですが、装備一覧には記載されていなかったのがちょっと気がかり。

もしかしたら日本仕様に関してはパドルシフトが装備されない?かもしれないので、この辺りは詳細が明らかになり次第当ブログにて展開していきたいと思います。

⑥:ボディカラー

最後はボディカラー。
「RAV4 PHV」では、BLACK TONEが2トーンのみ5種類で、モノトーンカラーはラインナップせず、それ以外のG”Z”とGに関してはモノトーンのみ6色をラインナップしています。
ボディカラー一覧は以下の通り。

【新型「RAV4 PHV」ボディカラー一覧】

[BLACK TONE(2トーンのみ)]
[ボディ]ホワイトパールクリスタルシャイン×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ
[ボディ]シルバーメタリック×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ
[ボディ]グレーメタリック×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ
[ボディ]エモーショナルレッドⅡ×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ
[ボディ]ダークブルー×[ルーフ]アティチュードブラックマイカ

[G”Z”/G(モノトーンのみ)]
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・アティチュードブラックマイカ
・シルバーメタリック
・グレーメタリック
・エモーショナルレッドⅡ
・ダークブルー

以上が新型「RAV4 PHV」に関する概要となりますが、次はグレード別の具体的な主要装備内容を見ていきたいと思います。

~エントリーグレード・Gの主要装備内容~

[充電機能]

・充電ケーブル(AC200V用7.5m)
・充電プラグコード(AC100V用)
・充電ポート(充電インフレット照明&充電インジケーター付)
・導通充電インフレット
[追記]急速充電には非対応

[視界]

・Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ(デイタイムランニングランプ機能付)
・LEDデイライト
・LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(ヒーター付)
・補助確認装置
・リヤコンビネーションランプ
・コンライト(ライト自動点灯+消灯システム/ランプオートカットシステム)
・バックガイドモニター
・自動防眩インナーミラー

[ウィンドウ]

・UVカット機能付ウィンドウシールドグリーンガラス(合わせ・高遮音性ガラス)
・UVカットフロントドアグリーンガラス(合わせ・高遮音性・撥水ガラス)
・UVカット機能付プライバシーガラス(リヤドア・クォーター・バックドア)

[エクステリア]

・フロントバンパー(カラード+艶ありブラック塗装)
・バンパーロアモール(金属調塗装)
・フロントグリル(メッシュ+艶ありブラック塗装+ダーククロームメッキモール)
・ヘッドランプエクステンション(ダーククロームメッキ)
・リヤスキッドプレート(艶ありブラック塗装)
・ホイールアーチモール(フロント・リヤ/艶ありブラック塗装)
・ドア下ロッカーモール(艶ありブラック塗装)
・リヤバンパー(カラード+艶ありブラック塗装)
・リヤスポイラー(カラード)
・リヤサイドスポイラー(艶ありブラック塗装)
・アウトサイドドアハンドル(カラード)
・バックドアガーニッシュ(カラード+金属調塗装)
・プラグインハイブリッドシンボルマーク(サイド・リヤ)

新型「RAV4 PHV」に設定されるブラックのプロテクタパーツですが、これまでガソリンやハイブリッドモデルはシンプルなブラックの素地だったものが、PHVではフロントバンパーやリヤスキッドプレート、フロント・リヤホイールアーチモール、ドア下ロッカーモール、リヤバンパー、リヤサイドスポイラーが全てグロスブラックに変更されます。
この点についてもかなり豪華になるのは嬉しいところですね。

[足回り/メカニズム]

・225/60R18タイヤ&18×7Jアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)
・タイヤパンク応急処理キット
・E-Four(電気式4WDシステム)
・4WD統合制御(AIM)
・TRAILモード
・ドライブモードセレクト(ECO/NORMAL/SPORT)
・AUTO EV/HV切替モードスイッチ
・ヒルスタートアシストコントロール
・電動パーキングブレーキ
・ブレーキホールド
・バネ上制振制御
・マクファーソンストラット式フロントサスペンション
・ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション
・スタビライザー(フロント・リヤ)
・フードサイレンサー
・ダッシュサイレンサー(室内・エンジンルーム)
[追記]チャージモード

[インテリア/ラゲージ]

・リモートエアコンシステム
・ヒートポンプエアコン(左右独立温度コントロール/S-FLOW[集中モード・湿度センサー付き])
・クリーンエアフィルター(花粉除去・脱臭機能付)
・イルミネーテッドエントリーシステム(ルームランプ・フロントパーソナルランプ・パワースイッチ)
・サンバイザー(運転席・助手席/バニティミラー・ランプ付)
・カップホルダー(フロント2個・リヤ2個)
・助手席シートバックポケット
・ドアポケット(フロント・リヤ)
・オープントレイ(運転席・助手席・センター)
・レジスターノブ(サイド&センター/サテンメッキ[ダイヤル付])
・デッキアンダートレイスペース

[計器盤]

・オプティトロンメーター(メーター照度コントロール付)
・7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(スピードメーター表示)
・ハイブリッドシステムインジケーター

なお気になるパドルシフトについてですが、こちらは北米仕様では標準装備されているそうで、スタッフマニュアルの写真にもパドルシフトは装備されていたのですが、装備一覧には記載されていなかったのがちょっと気がかり。
もしかしたら日本仕様に関してはパドルシフトが装備されない?かもしれないので、この辺りは詳細が明らかになり次第当ブログにて展開していきたいと思います。

[シート]

・合成皮革+レザテックシート表皮(レッドステッチ付)
・スポーティタイプフロントシート
・運転席8wayパワーシート
・電動ランバーサポート(運転席/2way)
・シートヒーター(運転席・助手席)
・後席シートヒーター

そしてこちらも嬉しいのが、全グレードに運転席+助手席にシートヒーターが標準装備されるだけでなく、更に後席にもシートヒーターが標準装備されます。
これはかなり豪華な装備内容ですし、フルモデルチェンジ版・新型「ハリアー」には装備されない部分でもあるので、大きな差別化が図られていますね。

[操作系]

・本革巻き3本スポークステアリングホイール(サテンメッキ加飾付)
・ステアリングヒーター
・ステアリングスイッチ(マルチインフォメーションディスプレイ/オーディオ/レーダークルーズコントロール/レーントレーシングアシスト/ハンズフリー音声機能)
・シーケンシャルシフトマチック
・本革巻きシフトノブ(サテンメッキ加飾付)
・スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)&スタートシステム(スマートキー2個)

[ナビ・オーディオ/その他]

・DCM(専用通信機)
・9インチディスプレイオーディオ
・6スピーカー
・シャークフィンアンテナ
・アクセサリーコンセント(AC100V・1500W・コンセント1/ヴィークルパワーコネクター付)
・アクセサリーソケット(DC12V・120W/前席1個・ラゲージ1個)
・充電用USB端子(センターコンソールボックス内2個・後部2個)
・USB端子(外部入力・充電/インパネ1個)
・盗難防止システム(イモビライザーシステム+オートアラーム)

~中間グレード・G”Z”の主要装備内容~

・Gの装備追加
・パノラミックビューモニター
・ドアミラー足元照明
・リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]
・ブラインドスポットモニター
・合成皮革シート表皮(レッドステッチ付)
・運転席シートポジションメモリー(2メモリー付)
・助手席4way式電動パワーシート
・シートベンチレーション(運転席・助手席)
・運転席シートバックポケット
・オープントレイソフトマット(運転席・助手席・センター)
・センターコンソールボックス内インナートレイ
・パワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付) など

ここからは中間グレードのG”Z”にて追加される主要装備内容となりますが、やはりガソリンやハイブリッドモデルには設定されなかったパノラミックビューモニターが設定されるのは嬉しいところ。あの耳たぶのようなサイドミラーが排除されるのは大きなポイントではないかと思います。

更に中間グレードでありながら、運転席シートポジションメモリーが付くのもグッド。
あとは夏場には嬉しいシートベンチレーションが装備されるのも嬉しいポイントですね。

~上位グレード・BLACK TONEの主要装備内容~

・G”Z”の装備追加
・235/55R19タイヤ&19×7.5Jアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)
・2トーンボディカラー
・デジタルインナーミラー
・雨滴感応式フロントオートワイパー
・カラーヘッドアップディスプレイ
・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)
・スマートエントリー(全ドア/アンサーバック機能付き)&スタートシステム(スマートキー2個)
・イルミネーテッドエントリーシステム(前席足元照明・フロントカップホルダー・オープントレイ(運転席・助手席・センター)[クリアブルー照明])
・おくだけ充電 など

最後は上位グレードのBLACK TONEにて追加される主要装備内容となりますが、新型「ハリアー」同様にデジタルインナーミラーとカラーヘッドアップディスプレイが標準装備されます。

ただ、デジタルインナーミラーについては録画機能が付いていないとのことで、この辺りは新型「ハリアー」の方が優れたポイントだと思うものの、それ以外の装備は新型「RAV4 PHV」の方が優れているのではないか?と思いますね。

☆★☆新型「RAV4 PHV」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう