デビューは5月27日で決定!マイナーチェンジ版・メルセデスベンツ新型Eクラス・クーペ/コンバーチブルの最終ティーザー画像が公開

2020-05-27

スポンサーリンク

突如として新型Eクラス・クーペ/コンバーチブルのティーザー画像が公開!

メルセデスベンツのマイナーチェンジ版・新型Eクラス・クーペ(Mercedes-Benz New E-Class Coupe)/Eクラス・コンバーチブル(New E-Class Convertible)の2車種が、2020年5月27日に世界初公開されることが明らかとなり、更に今回、その2車種のシルエットが明らかになっている最後のティーザー画像も公開されています。

既に3月上旬には4ドアセダンタイプとステーションワゴンタイプが導入されている新型Eクラスですが、今回は更にスポーティでスタイリッシュなボディを持ち、手前の電動オープン/クローズが可能な2ドアコンバーチブルと、奥には非常に滑らかでセクシーさが際立つ2ドアクーペとして登場する予定となっています。

スポンサーリンク

新型Eクラス・クーペ/コンバーチブルのインテリアは、4ドアセダンとほぼ同じ?

今回のティーザー画像ではインテリアのデザインをチェックすることはできないものの、セダンやステーションワゴン同様に、MBUXインフォテイメントシステムを採用し、改善された安全技術やドライバーアシスタンスシステムを標準装備することで、利便性を大幅に向上することが期待されています。

しかしステアリングは新型Sクラスと同じになるとの情報も

このほかにも、フルモデルチェンジ版・新型Sクラスのような奇抜で新しいデュアル3スポークステアリングホイールが採用されるとの噂があったり、ワイド化されたナビゲーションディスプレイが標準装備されるとの噂も。

デュアル3スポークステアリングのデザインはかなりカッコいいとは思うのですが、ステアリングホイール上に設けられたスイッチが物理スイッチになるのか、それともタッチパネルになるのかまだ明らかになっておらず、もしもタッチパネル操作ともなれば、確実に誤タッチが発生することも考えられるでしょうね(フェラーリSF90ストラダーレのステアリングスイッチもタッチパネル操作になるのですが、これも結構低評価と聞いている)。

ユーザビリティを意識したモデルになるのか、それともデザイン性を重視したモデルになるかは明らかになっていないものの、もしかしたら今後は後者を意識したモデルが登場してくるかもしれません。

エンジン情報は今のところ3リッターインライン6のみ

続いてパワートレインについてですが、今のところ排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載する可能性が高く、特にハイパフォーマンスグレードの新型AMG E53については、システム総出力429hp/最大トルク520Nmを発揮する?との噂があるそうです。

一方でコンバーチブルモデルについては、トップルーフはこれまで通りソフトトップルーフを採用し、約20秒以内にて電動オープン/クローズが可能となる実用性を高めた一台になると言われています。

パワートレインについては、クーペタイプと同じになると思いますが、詳細については5月27日に全てが明らかになると思うので、それまでは楽しみにしていたいところです。

☆★☆新型Eクラス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう