ダイハツから2020年12月にDNGAベースの新型ミニバンがデビューするとの噂が浮上。その前は2020年春頃に登場すると断言していたが?

2020-05-27

エンジンベースは1リッターターボと1.2リッターハイブリッドの2種類との情報も

2019年11月に新世代AセグメントSUVとなるダイハツ新型ロッキー(Daihatsu New Rocky)が発表・発売され、今現在も高い人気を得ていますが、今度は2020年12月頃に同社から新世代ミニバンが登場するとの噂が浮上しています。

自動車情報誌ベストカーの情報によると、新型ロッキー/タント(Tanto)にも採用されているDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)プラットフォームを共有することで、3列6人乗りタイプのファミリー向けミニバンとして登場するそうです。

具体的なパワートレインとしては、新型ロッキーにも採用の排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンに加え、新開発となる排気量1.2L 直列3気筒+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類が採用されるとのことですが、おそらくハイブリッドシステムのベースはトヨタの技術を流用してくるのではないかと予想されます。

気になるデザインや競合モデルは一体何なるのか、以下の次のページにてチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう