マイナーチェンジ版・三菱のエクリプスクロスが2020年12月に発売するとの噂が浮上。更にPHEV搭載でサイズアップの可能性も

いよいよアウトランダーに続き、新型エクリプスクロスにもPHEV設定か?

以前より度々目撃されてきた三菱のマイナーチェンジ版・新型エクリプスクロス(Mitsubishi Eclipse Cross)ですが、このモデルがいよいよ2020年12月に登場するとの噂が浮上しており、更にアウトランダーにも設定されているプラグインハイブリッド(PHEV)が追加設定されるかもしれないとのこと。

自動車情報誌マガジンXさんの情報によると、2020年12月に登場するPHEVモデルは、現行モデルのガソリンやディーゼルモデルよりも更にアグレッシブなダイナミックシールドグリルを採用する可能性があるそうで、中々インパクトを残すことのできなかったモデルなだけに、ここで一気に注目を集める一台となることが期待されています。


但しPHEV設定による大きな弊害も

その一方、シャシーはそのままGSプラットフォームを流用することになるそうですが、PHEV特有となるバッテリーやモーターを組み合わせたシステムを採用するため、従来のボディサイズでは容量不足で搭載し切れないといった問題が生じていることから、リヤオーバーハングを伸ばすことでスペースを確保するとのこと。

これにより、現行モデルの全長4,405mm×全幅1,805mm×全高1,685mmに対して全長95mm延長した4,500mmにすることで解消できるそうですが、それに伴って車体重量がどれだけ増加するのかも気になるところですね(パワートレインは排気量2.4L 直列4気筒で)。

アシスト力が向上したとしても、車体重量が大幅に増加してトータルパフォーマンスが変わらずとなっては元も子もありませんし、アウトランダーPHEVがベースとなっているのであれば、恐らくモーターのみで航続可能距離も60km付近に寄せてくるのではないかと予想しています。

新型エクリプスクロスのデザインはこうなる?

ちなみにこちらが、前回公開されたマイナーチェンジ版・新型エクリプスクロスの完成予想レンダリング。

フロントマスクは全体的に引き締まった内容になっており、フロントグリルは三菱のアイデンティティともいえるダイナミックシールドグリルを採用していますが、新型デリカD:5のようにオラオラとしたメッキ仕上げではなく、ブラックに仕上げることでより洗練されたデザインに仕上がっていますね。

そしてLEDフロントヘッドライトとLEDデイタイムランニングライト(DRL)が更に釣り目となり、この辺りは新型デリカD:5/アウトランダーPHEVに倣うデザインに。

おそらくフロントヘッドライトとLED DRLは同じハウジング内に設けられ、その直下にあるハウジングには、フロントフォグランプとウィンカーが搭載されていると考えられます。

こちらはリヤデザイン。

開発車両でも大きな衝撃を与えたリヤウィンドウですが、現行モデルのような2ウィンドウ式ではなく、シンプルに1枚ものになっていて落ち着いた雰囲気に。

リヤテールランプもテールゲートに向かって直結すようなタイプではなく、シンプルなL字形状に変更されてホンダCR-Vっぽいデザインとなっています。

このほかにも、ルーフスポイラーはかなりスポーティに進化し、リヤバンパーディフューザーも若干の変更が施され、全体的に引き締まっていることが確認できます。

☆★☆三菱関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう