フルモデルチェンジ版・BMW新型X1の開発車両が目撃に!注目のキドニーグリルはワイド仕様、シャープな印象ながらもアクティブツアラーっぽいスタイルに?

いよいよX1も3代目へとシフトする時期に

BMWは先日、フルモデルチェンジ版・新型4シリーズ・クーペ(BMW New 4 Series Coupe)の公式画像を公開したばかりですが、これとは別にエントリーSUVタイプのフルモデルチェンジ版・新型X1と思われる開発車両が目撃されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

アウディQ2やメルセデスベンツGLAクラスを競合とするであろう新型X1ですが、今回の開発車両を見ていくと、そのボディスタイルはコンパクトなクロスオーバースタイルではあるものの、どちらかというと新型2シリーズ・アクティブツアラー(New 2 Series Active Tourer)のような伸びやかなボディにも見え、もしかすると様々な派生版が登場する可能性もあるかもしれません。

気になるキドニーグリルはどうなる?!

別の角度から見てみるとこんな感じ。

肝心のキドニーグリルですが、新型4シリーズのような巨大縦型仕様ではなく、シンプルなワイド仕様を採用しつつも、少し垂れ下がったようにも見える印象。

まぁ、シンプルに言ってしまうと、現行モデルよりも少し大きくなると思われます。

ただグリルパターンについては、水平基調でもドット柄でもなく、縦型のヴァーティカルスリットが入っているため、この辺りは現行モデルから流用になるでしょうね。

フロントヘッドライトについては、まだ具体的にどういったデザインが採用されるかはわからないものの、二眼タイプのLEDヘッドライトが搭載される可能性が高そうです。

気になる新型X1のリヤデザインは、以下の次のページをチェック!