「首都高はサーキット」と言い放ったルーレット族の並木優弥 容疑者が無免許運転で再逮捕。更に無保険&名義変更していない他人の車だったことも

運転も一種の麻薬の様なものなのかもしれない

以前、ルーレット族として世間を騒がせ首都高速道路において速度制限80km/hのところを80km/hオーバーとなる160km/hにて走行した疑いで逮捕された並木優弥 容疑者(20)。

速度違反にて取り締まりを受けた後に、自身の所有するフォルクスワーゲン・ポロ(Volkswagen Polo)を単独事故で大破し、その画像も公開されて大きな衝撃を受けましたね。

逮捕された際、並木優弥 容疑者は「首都高はサーキットだ。もっとスピードを出したこともある」というパワーワードを残して大きな話題となりましたが、そんな彼が2020年6月17日の午前1時過ぎ頃に、千葉県市川市の道の駅「いちかわ」付近にある国道の中央分離帯に衝突して大事故・大炎上を引き起こし、車両をそのまま放置して逃走したものの、すぐに警察によって再び逮捕されていたことが明らかとなりました。

並木容疑者が再び逮捕される以前から明らかになっていた衝撃の事実については、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう