これ本当に韓国車?起亜(KIA)オプティマの後継モデル・新型K5を世界初公開。シャープで独特過ぎるライトを備えてアメリカ市場へ殴り込みだ

ヒュンダイ/ジェネシスも含め、最近の韓国自動車メーカーはかなり攻めたデザインだ

韓国の自動車メーカーでお馴染み起亜が、ミドルサイズセダンタイプとなるオプティマ(Kia Optima)の後継モデル・新型K5を世界初公開しました。

このモデルは、北米市場へと投入される主要モデルの一台とのことで、オプティマから大幅に変更されたフロントフェイスに加え、フロントヘッドライトのデザインも独特且つシャープな印象を与えるものへと仕上げられています。

BMWの新型4シリーズ・クーペ(BMW New 4 Series Couope)の巨大キドニーグリル同様、かなり好みが分かれるデザインだと思いますが、ミドルサイズセダンということでレクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型ISを競合視する一台だと思うので、今後注目したいモデルでもあります。

新型K5の内外装インプレッションに加え、パワートレインやグレードはどうなっているのか?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう