遂に来た!トヨタ新型RAV4 PHVのスズキ版・新型アクロス(ACROSS)が世界初公開。PHV搭載でバッテリーのみでの航続可能距離は75km以上に

スズキ版RAV4 PHVといえどもカッコいいデザインにまとめられてるぞ!

トヨタは先日、RAV4ベースのプラグインハイブリッドモデルとなる新型RAV4 PHVを発表・発売したばかりですが、今度はスズキとの共同開発モデルでOEMモデルでもある、スズキ新型アクロス(Suzuki New ACROSS)を世界初公開しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

残念ながら日本市場では発売されないものの、欧州をメインに販売される予定で、スズキのラインナップモデルでもあるS-CROSSにリンクする一台であり、海外専売モデルとなるビターラ(Vitara、日本名:エスクード)よりも上位グレードに位置し、更にプラットフォームなどはRAV4と同じTNGA-Kが流用されています。

また、今回発表されたスズキ新型アクロスをきっかけに、トヨタも併せてRAV4の廉価版となる新型CセグメントSUVモデルとなるカローラ・クロス(Corolla Cross)が発売される予定とのことで、日本に留まらず海外市場でも更なるSUV市場の活性化が期待されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型アクロスはどんなスペックなのか?外観のデザインインプレッションも含め、気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう