フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーを教材車にする学校現る!しかもモデリスタ付きの厳つい仕様で納車。私のオーダーしたモデルもあと少し!

早くも新型ハリアーを教材車にするのは贅沢だが経験も大事

2020年6月17日に発表・発売スタートしたトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、当ブログの読者の方からも続々と納車報告が入ってきており、7月中旬~下旬頃には少しずつ公道でも目撃できる機会が増えてくるかもしれません。

既にバックオーダーも28,000台に到達していて、プレシャスブラックパールのボディカラーと本革シート、そして調光パノラマルーフをフル装備した(ガソリン&ハイブリッド)Z”Leather Package”ともなると、納期は2020年内不可で2021年2月頃と言われています。

そんな新型ハリアーですが、何と愛知県清須市にある整備士を育成する専門学校・トヨタ名古屋自動車大学校にて教材車として2台納車されていたことがわかりました。

ボディカラーは、左側がプレシャスブラックパール(もしくはブラック?)、右側がホワイトパールクリスタルシャインだと思われ、いずれも18インチアルミホイールを装着していることから、ハイブリッドもしくはガソリンのGグレードであることがわかります。

その内の一台はモデリスタのフルエアロ装備!気になる続きと私がオーダーした新型ハリアーの近況も以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう