これは一体?ロールスロイスのワンオフモデルと思われる特許画像が完全リーク。15億円もするスウェプテイルをイメージしたロングテール仕様に

何やらロールスロイスからとんでもないワンオフモデルが登場するかも?

ロールスロイスが過去に自動車として最高額を誇った約15億円もするワンオフモデル・スウェプテイル(Rolls-Royce Sweptail)を発表・発売しましたが、今回このモデルを想起させるような謎の特許画像(パテント)が完全リークしています。

今回公開されている画像は、2020年3月にブラジルの知的財産庁(Instituto nacional da propriedade industrial:INPI)に提出されたもので、その前となる2019年9月18日にもドイツにて提出されているそうですが、おそらくは市販モデルとして登場するのではなく、スウェプテイル同様にワンオフ仕様として登場するのではないかと予想されています。

ボディスタイルとしては、トップルーフからロングテールのように流れる独特の2ドアクーペスタイルで、ベースとなるモデルはレイス(Wraith)の可能性もありますが、前回のスウェプテイルをモチーフにしているのであれば、ファントム・クーペ(Phantom Coupe)の可能性も十分考えられそう。

気になる今回のワンオフモデルのフロントやサイド、リヤデザインは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう