内装の質感ヤベェ…フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの内装をインプレッション!非アイサイトXだとかなり印象が異なるようだ【動画有】

正直アイサイトXを装備しなくとも十分豪華なインテリアだ

2020年8月20日(木)に先行予約がスタートし、2020年10月15日(木)に発表、そして2020年11月26日(木)に発売スタート予定となっているフルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグ(Subaru New Levorg)。

以前、フルエアロカスタム「Traditional Sporty」を設定した新型レヴォーグGT-Hのエクステリアインプレッション記事をご紹介しましたが、今回はインテリアをインプレッション。

▽▼▽関連記事▽▼▽

このグレードでは、新型レヴォーグの大きな特徴でもあるアイサイトX(Eyesight X)を装備しないシンプルなグレードとなるため、どれだけ内装の充実度に差が出てくるかがはっきりとわかる内容となっています。

ちなみにアイサイトXの装備内容は以下の通りですが、フル液晶メーターや11.6インチのナビゲーションディスプレイは単独のメーカーオプションでも設定できるようになっています。

【アイサイトX(EX)装備内容】

・アイサイト・コアテクノロジー/アイサイトセーフティプラス(運転支援テクノロジー)
・アイサイトセーフティプラス(視界拡張テクノロジー)[デジタルマルチビューモニター・前側方警戒アシスト]
・アイサイトXテクノロジー[高度運転支援システム]
・12.3インチフル液晶メーター
・11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ&インフォテイメントシステム
・コネクティッドサービス(SUBARU STARLINK)
・ドライバーモニタリングシステム

そして今回もこの動画を公開しているのは、スバル系の動画をメインに投稿しているSGP FORESTER TVさんで、スバルに相当強いこともあってか、ほぼ全てのレヴォーグ関連動画をアップするなど、そのレスポンスとキャッチアップの早さは圧倒的だと思います。

気になる新型レヴォーグGT-Hのインテリアインプレッションは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう