内装の質感ヤベェ…フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの内装をインプレッション!非アイサイトXだとかなり印象が異なるようだ【動画有】

新型レヴォーグのインテリアを見ていこう

早速新型レヴォーグGT-Hのインテリアをチェックしていきましょう。

まずは内ドアトリム部分ですが、ドアハンドル周りはカーボン調のオーナメントパネルが装着され、さらにシートポジションメモリーも装備。

新型レヴォーグでは、電動パワーシートがエントリーグレードのGTから標準装備されていて、GT-H以上になるとポジションメモリーが標準装備となるのは非常にありがたいところですね。

そしてこちらはサイドウィンドウスイッチ周り。

ブルーのカラードステッチの縫合もスポーティでカッコいいのですが、可能な限りソフトパッドで集約させているところも評価高め。

北米市場向けのフルモデルチェンジ版・新型レガシィ(New Legacy)/アウトバック(New Outback)あたりから高級感が一気に向上しているスバルですが、新型レヴォーグでもその魅力を存分に発揮しています。

足もとのアクセル・ブレーキペダルは、アルミのパンチングスポットを設けつつも、アクセルはオルガン式ではなく吊り下げ式。

そしてサイドシルには、ディーラーオプションとなるLEDサイドシルプレート(LEVORGロゴ付き)を設けることでスポーティ感を加味していますね。


シートは合成皮革+ファブリックのスポーツシート

こちらがGT-Hの合成皮革+ファブリックスポーツシート。

内ドアパネル同様にブルーのカラードステッチを縫合することでスポーティさはそのままに、シートメインにストライプのような感じで合成皮革を設けるパターンは結構珍しいかもしれません。

着座部分はこんな感じ。

スバルの合成皮革シートは少々カタメな印象を受けますが、新型レヴォーグもロングドライブを意識したステーションワゴンであれば、恐らくフワフワしたシートではないと予想。

この辺りは、近日中に最寄のディーラーにて特別展示される新型レヴォーグの実車を見て確認したいと思います。

運転席周りも見ていこう

続いては運転席周り。

オプションとなるインテリアパッケージブルーステッチが加味されたことで、チープさが一気に無くなりましたね。

ステアリングの右後ろには、エンジンスタートスイッチやリヤテールゲートスイッチ、更には赤丸の通りETC車載器のスペースも。

そしてこちらが運転席のメーター類。

アイサイトXを装備していないため、12.3インチのフル液晶ディスプレイではなく、左右の加速度メーターと速度メーターはアナログとなり、センターの4.2インチはTFTマルチカラータイプとなっています。

そしてこちらはセンター部分に設けられた9インチナビゲーションディスプレイ。

縦型基調のタブレット型11.6インチのナビゲーションディスプレイとは全く印象が異なりますね。

タッチレスポンスはちょっと微妙な感じがしますが、解像度も高くかなり見やすい印象を受けますね。

先進性はあるものの、かなり残念なポイントも…

そしてその下には、エアコン関係や安全装備などを設定するタッチディスプレイも装備。

温度調整はベゼル部分に物理スイッチとして設けられているので、直感的な操作は簡単にできそうですね。

そして個人的に最も気になっていたのがコチラ。

赤のアンダーラインが引かれている通り、新型レヴォーグでは電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド(別名:オートビークルホールド)が全車標準装備されているのですが、そのオートビークルホールド機能が、センターシフトではなくタッチパネル操作というかなり面倒くさい設定になっているんですね。

しかもエンジンを切れば設定はオフになるため(記憶されない)、常時オートビークルホールドが機能するわけではないので、この点はかなりマイナス評価かもしれません。

そしてこちらがセンターシフト。

シフトブーツ付きで高級感はありますが、電動パーキングスイッチの近くにはオートビークルホールドスイッチは無し。

ドリンクホルダーはセンターシフトの手前にありますが、そこそこ低い位置にありますね。

こちらはセンターコンソール+ボックス付き。

ファブリックでも合皮でもない素材を使用するあたり、スバルの本気度が伺えます。

こちらはルームミラー。

LEDなので明るさも問題なさそう。

後席エリアもチェックしていこう

こちらは後席の内ドア部分。

フロントの内ドア同様に、カーボン調のオーナメントパネルと、ヘアライン調のオーナメントパネルを採用することで高級感が一気に向上していますね。

とにかく全体的に質感が高い…

そしてこちらは後席エリア。

シートリクライニングは1段階か2段階ぐらいだと思いますが、やはり足元のスペースがどれくらいなのかも気になるところです。

こちらはセンター格納式アームレスト。

プラスチックではなく、シルバー基調でブラックのオーナメントパネルを使用するなど、チープに見せない技術はさすがだと思います。

こちらは後席用のエアコンの吹き出し口と、USBチャージャー、そして後席シートヒーターも標準装備。

これも贅沢と言いますか…ステーションワゴンクラスでこれだけの充実した装備を持つのは新型レヴォーグ位ではないかと思います。

そして最後はディーラーオプションではあるものの、ステーションワゴンクラスでは珍しいリヤエンターテイメントシステム(10.1インチWSVGA液晶)。

HDMI接続にも対応しているので、YouTubeやゲームなどと連動できるのも有難いところですね。

 【スバル 新型レヴォーグ オプションパーツ装着車『Traditional Sporty』はこれだ!SUBARU NEW LEVORG inside & outside】

☆★☆新型レヴォーグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう