あのリチャード・ハモンド氏が美しい女性ユーチューバーとアポロ「IE」をレビュー。ちなみにあのカスタムマフラだけで760万円【動画有】

アポロ「IE」がリチャード・ハモンド氏の手に…

アポロ・オートモービルが世界限定10台のみ販売した、究極のノンハイブリッドスーパーカー「IE(Intensa Emozione)」のプロトタイプが、トップギヤでもお馴染みのジェームズ・メイ氏とリチャード・ハモンド氏の前で公開されました。

今回彼ら2人に「IE」を紹介するのは、世界でもトップクラスの自動車系女性ユーチューバーであるスーパーカー・ブロンディことアレックス・ハルシさん。
彼女はドバイにて人気のある社会的インフルエンサーであり、「スーパーカーは乗ってナンボ!」という精神のもと、ペットと同じように可愛がっているのだとか。

スポンサーリンク

「IE」は全てがクレイジー

アポロ「IE」は、その過激なスタイルからも想像できる通り、電気モータを一切使用しないノンハイブリッドモデルで、フェラーリ「F12ベルリネッタ/F12tdf」にも採用の排気量6.3L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力780hp/最大トルク758Nmを発揮します。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.7秒と驚異的な加速力を発揮します。
価格にして約3億円と非常に高額ですが、やはりこれだけのスタイリングやデザイン、そしてサーキット以外ではフルに活かすことのできない異常なパワーを持てば、ある意味納得のできる価格帯ではないかと思います。

ちなみに、本動画では「IE」の面白いオプション等が紹介されていて、シート形状はオーナーひとりひとりの体格に合わせて3Dプリンタにて形状調整している?だとか、エンジンベイに刻まれた顔の写真を撮影することができる?、ドアをカスタマイズすることができる?と問題形式に話が進行していきます。

なお、その中でも驚くべきオプションは、リヤセンターにあるデルタ形状のエキゾーストシステム(マフラ)で、これはチタンエキゾーストチップが採用され、その価格は約760万円と超高額。
一応純正で”標準装備”らしいのですが、何故か760万円支払う必要があるみたいです。

【Craziest Hypercar Revealed with James May & Richard Hammond!】

☆★☆アポロ「IE」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アポロ「IE」でロンドンの街中を走ってみた。その姿は神秘的で、誰もが振りむき、とにかく写メの嵐に【動画有】(2018/8/5投稿)
アポロ「IE」には過激オプション有り?1,000馬力&11,000rpmまで引上げるクレイジーオプションが存在する模様(2018/7/29投稿)
アポロが他社スーパーカーを批判「どの車も運転が楽過ぎだ。IEは運転が難しくスキルが必要。怖くて楽しい車を作ることが私達の仕事だ」(2018/7/12投稿)
アポロ「IE」を洗車する動画。まずは洗車スペースに向かうために敷板が必須だった件【動画有】(2018/6/21投稿)
世界限定10台のみ販売のアポロ「IE」が最終仕上げのためHWA AGと提携を発表。HWAはあのモデルも手掛けていた!(2018/6/13投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう