トヨタ・新型「GRスープラ」の0-100km/h加速の公称値は4.1秒→実際に計測してみたら3.8秒でレクサス「LFA」よりも速かった件

~「GRスープラ」の加速力は驚異的だった!~

トヨタは以前、BMWとの共同開発によって新たに誕生した新型2ドアスポーツクーペ「GRスープラ」の0-100km/h加速時間の公称値を4.1秒としていましたが、最近このモデルの性能評価を行ったところ、公称値よりも更に速く走れるということが明らかとなりました。

スポンサーリンク

~レクサス「LFA」やフェラーリ「F50」よりも速いという事実も?!~

Motor1.comのジャーナリストによれば、排気量3.0L BMW製直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載(最高出力335hp/最大トルク494Nm)する「GRスープラ」の0-100km/h加速時間は4.1秒ではなく更に0.3秒速い3.8秒であるとのことで、これは共同開発にて登場したオープンモデルBMW「Z4 M40i」の3.9秒よりも0.1秒速いこととなります。

なお、この加速時間(3.8秒)を実現しているモデルといえば、メルセデスベンツ「CLK GTR」、ポルシェ「パナメーラ・ターボ」。しかもレクサス「LFAニュルブルクリンクパッケージ」やフェラーリ「F50」の3.9秒よりも速いということがわかっています。

~今度は「Z4 M40i」を実際に計測したらどうなるの?~

参考までにですが、スペックの面では最高出力335hpの「GRスープラ」に対して、「Z4 M40i」は382hpも発揮し、さらに車体重量においては「GRスープラ」が1,540kgに対して、「Z4 M40i」は1,561kgと重量差は僅か21kgだけになります。

電動開閉式を採用するオープンモデルである以上、モータやユニットを搭載している分、車体重量が重くなるのは周知の事実ですが、それでもパワーウェイトレシオ比は「スープラ」が4.60kg/hp、「Z4 M40i」は4.09kg/hpと圧倒的に後者の方がパフォーマンス性が高いです。

ただ、それでも「Z4 M40i」よりも「GRスープラ」の加速性能が優れていると証明はできたとしても、今度は「Z4 M40i」が実際に加速性能を計測した際には、もしかすると「GRスープラ」の3.8秒よりも更に速い加速時間を実現するかもしれませんね。

☆★☆「GRスープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう