マツダ・新型「マツダ3(Mazda3)」25,000台に早くもリコール!ハブボルトとハブフランジに隙間が見つかり、最悪の場合タイヤが脱落する恐れアリ

2019-07-09

~早くも北米に発売された新型「マツダ3」全てにリコール発令~

先日発売されたばかりとなるマツダのフルモデルチェンジ版・新型ファストバック&セダンモデル「マツダ3(Mazda3、旧アクセラ)」ですが、早くもこのモデルの北米仕様25,003台全てにリコール。
今回のリコール内容は、マツダサイドの製造工程にて誤りが見つかり、ラグナットで締めつけているにも関わらず、ハブボルトとハブフランジとの間に隙間が生じているとのこと。

これにより、どんなに適切な仕様にて締め付けを行っても隙間を埋めることはできず、結果的に緩みの原因を生み出してしまう恐れがあるようです。
最悪の場合、今回の誤りによって公道を走行中にタイヤ・アルミホイールが車輌から外れてしまい、他の車両に衝突して事故を引き起こす恐れがあるとしてリコールを発令しています。

▽▼▽日本にて早速タイヤの脱落事例が!▽▼▽

スポンサーリンク

~市場からの情報ということは既に不具合が発生している恐れも~

しかも、今回の問題についてマツダサイドは全く認識していなかったとして、今回の情報は全て市場から得られたとのことでした。
幸い、ケガや死亡事故といった例が発生していないとのことですが(不具合件数は調査中)、こうした製造工程上の誤りが発生しているということであれば、北米市場に限らず、日本市場も含め、(ユーザーに不安を与えないことを目的に)全世界にて製造されている「マツダ3」の製造品質を今一度調査する必要があるのではないかと思いますね。

なお、リコールの対象となっているのは2019年4月19日~5月3日に製造されたファストバックスタイルとセダンスタイルの「マツダ3」全てで、改善措置としては無償にてラグナットを締めつけ、隙間を無くすと言ったリコールを作業を行うとのこと。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

マツダ「CX-5/アテンザ/ロードスター」にリコール。気筒休止システムの影響でエンジン停止、ブラケットが走行中に脱落する?!(2019/6/27投稿)
日産「セレナ/キューブ/NV200」に計48万台超えの大量リコール。電源分配器の基板における半田不具合で車両が炎上する恐れアリ(2019/6/27投稿)
ゲリラ豪雨や洗車の影響でエンジンが損傷?!トヨタ「シエンタ/アクア/ヴィッツ」等の計6車種・約15万台に大規模リコール(2019/6/26投稿)
【緊急事態!】トヨタ・新型「RAV4/カローラ/カムリ/プリウス」とレクサス「ES/UX」の回生ブレーキシステムに異常があるとして販売停止へ。日本市場でも販売停止の恐れも?(2019/6/22投稿)
ホンダ「N-BOX SLASH(Nボックス・スラッシュ)」に4万台超えの大量リコール。パーキングブレーキが解除されない恐れアリ(2019/6/20投稿)
新型のジープ「レネゲード」とフィアット「500X」に早くもリコール。エアバッグが作動せずに事故の場合に死の恐れも(2019/6/16投稿)
BMW「1シリーズ」に2万台超えの大規模リコール。溶接不具合により燃料が漏れ、火災発生の恐れアリ(2019/6/14投稿)
スズキ「スイフト」に5万台超えの大量リコール。エアバッグが誤作動し乗員が負傷する恐れアリ(2019/06/13投稿)
アウディのEVモデルに早くも暗雲?!「e-Tron」全てに潜在的な火災リスクがあるとリコールを発令(2019/6/11投稿)
フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」にリコール。ブレーキ警告灯が付かない恐れアリ(2019/6/1投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう