ゲリラ豪雨や洗車の影響でエンジンが損傷?!トヨタ「シエンタ/アクア/ヴィッツ」等の計6車種・約15万台に大規模リコール

2020-05-27

スポンサーリンク

~エンジンに水滴が浸入する恐れがあるとしてゲリラ豪雨対策や洗車ができない恐れも?!~

トヨタのハイブリッドモデル「シエンタ・ハイブリッド」のみ1車種・計137,016台にエンジン関係に不具合があるとして大規模リコール。

リコールの内容としては、ハイブリッド車において、エンジンルーム後部に取付けているカウルルーバの防水構造が不適切なために集中豪雨など多量の雨水(おそらく洗車時の水の浸入も含む)がかかった場合、水がエンジン上部に滴下して、インジェクタ取付け部から燃焼室に浸入することがあるとのこと。
そのため、コンロッドが変形して異音が発生し、最悪の場合はエンジンが破損するおそれがあるとしてリコールを発令しています。

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は発生していないものの、不具合は既に152件も発生しているとのことで、しかも市場からの情報によりリコールが届出されています。

【「シエンタ・ハイブリッド」リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

・DAA-NHP170G/NHP170-7000016~NHP170-7138943/平成27年5月7日~平成30年9月3日/137,016台

改善措置としては、カウルルーバの仕様に応じてシール材を貼り付けるとともに、全車両のエンジンに防水カバーを追加するとのこと。
また、エンジンの燃焼室を点検し、異常がある場合はエンジンを新品に交換する、というリコール作業を行うとのことです。

スポンサーリンク

~ハイブリッドシステムが停止する恐れがある?~

続いてもトヨタ「アクア/カローラ・アクシオ/カローラ・フィールダー/シエンタ/ヴィッツ/ジャパン・タクシー」といったハイブリッドモデルの6車種・計19,618台に、DC-DCコンバータに不具合があるとしてリコール。

リコールの内容としては、電圧変換装置(DC-DCコンバータ)において、生産設備の管理が不適切なために、制御基板の半田付けが不十分なものがあるとのこと。
そのため、使用過程における冷熱の繰り返しで半田が剥離して、補機バッテリへの充電ができなくなることで警告灯が点灯し、最悪の場合、ハイブリッドシステムが停止して走行不能となるおそれがあるとしてリコールを発令しています。

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[アクア]
・DAA-NHP10&DAA-NHP10H/NHP10-2590956~NHP10-2596063/平成30年8月10日~平成30年10月31日/21台
・DAA-NHP10&DAA-NHP10H/NHP10-6712421~NHP10-6791525/平成30年2月6日~平成30年10月12日/11,727台

[カローラ・アクシオ]
・DAA-NKE165/NKE165-7177292~NKE165-7196264/平成30年2月6日~平成30年9月7日/773台

[カローラ・フィールダー]
・DAA-NKE165G/NKE165-7177290~NKE165-7201639/平成30年2月6日~平成30年11月15日/2,345台

[シエンタ]
・DAA-NHP170G&6AA-NHP170G/NHP170-7119047~NHP170-7140167/平成30年2月6日~平成30年9月17日/2,497台

[ヴィッツ]
・DAA-NHP130/NHP130-2032487~NHP130-2042713 平成30年2月6日~平成30年9月15日/1,560台

[ジャパン・タクシー]
・DAA-NTP10/NTP10-0005120~NTP10-0010356/平成30年2月6日~平成30年10月18日/695台

改善措置としては、全車両、DC-DCコンバータの製造番号を点検し、該当する場合は良品と交換するリコール作業を行うとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

【緊急事態!】トヨタ・新型「RAV4/カローラ/カムリ/プリウス」とレクサス「ES/UX」の回生ブレーキシステムに異常があるとして販売停止へ。日本市場でも販売停止の恐れも?(2019/6/22投稿)
ホンダ「N-BOX SLASH(Nボックス・スラッシュ)」に4万台超えの大量リコール。パーキングブレーキが解除されない恐れアリ(2019/6/20投稿)
新型のジープ「レネゲード」とフィアット「500X」に早くもリコール。エアバッグが作動せずに事故の場合に死の恐れも(2019/6/16投稿)
BMW「1シリーズ」に2万台超えの大規模リコール。溶接不具合により燃料が漏れ、火災発生の恐れアリ(2019/6/14投稿)
スズキ「スイフト」に5万台超えの大量リコール。エアバッグが誤作動し乗員が負傷する恐れアリ(2019/06/13投稿)
アウディのEVモデルに早くも暗雲?!「e-Tron」全てに潜在的な火災リスクがあるとリコールを発令(2019/6/11投稿)
フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」にリコール。ブレーキ警告灯が付かない恐れアリ(2019/6/1投稿)
トヨタ「ヴィッツ」にリコール。リヤプライバシーガラスの破砕要件を満たしていない恐れアリ(2019/5/30投稿)
日産「エルグランド/ムラーノ」に9万超えの大量リコール。液圧低下で制動距離が長くなる恐れアリ(2019/5/23投稿)
ボルボ「V40/S60/V60/XC60/V90」に計2万台超えの大量リコール。排ガス基準を満たさない恐れアリ(2019/5/22投稿)

Reference:TOYOTA①TOYOTA②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう