マツダ・新型「マツダ3(Mazda3)」オーナーは要注意!北米にて発令したタイヤの脱落リコール、実は日本も対象だった!【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~これはマツダも黙って要らない…早急な対応が必要に~

先日発売されたばかりとなるマツダのフルモデルチェンジ版・新型ファストバック&セダンモデル「マツダ3(Mazda3、旧アクセラ)」の25,003台全てに、「ラグナットで締めつけているにも関わらず、ハブボルトとハブフランジとの間に隙間が生じているとのことで、これによりタイヤ・ホイールを固定するボルトが緩んでしまい、走行中に脱落する恐れがある」として、早くも北米マツダにてリコールが届け出られていたことが判明していましたが、何とこの問題が日本で既に発生していたことが判明。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~対象となるのは北米だけでなく日本も含まれていた~

目撃者の情報によると、自動車専用道路を走行中に、反対車線の路肩に停まっていた新型「マツダ3」の左側フロントタイヤが外れてしまい、しかし何かにぶつかったような損傷痕も無いとのことから、もしかすると走行中にホイールを固定するボルトが緩んでしまった可能性が高いと推測(つまり締結が甘い)。

ちなみに、今回のリコールの届け出は厳密にメキシコ・マツダが行っているも、よくよく調べてみると今回の組立て時の問題というのは、生産工場元であるメキシコだけでなく日本も対象であることが発覚。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ただ、リコール届出後の生産しているモデルに関しては、しっかりとした適正値のもと、甘かったホイールの締め付けは解消されているとのことですが、既に日本市場にて納車されている「マツダ3」はそういった改善措置が施されていない可能性が高いので、リコール発令前に早急にディーラにて締め付けの依頼をするのが賢明かもしれません。

こうした問題が発生したことで、万が一死亡事故につながるようなことがあれば、既に納車されているオーナーや今後納車されるオーナーに大きな不安を与えることになると思いますし、少しでもこの不安を解消するためにも、マツダサイドは迅速な対応を取っていく必要があるのではないか?と考えたりします。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

マツダ「CX-5/アテンザ/ロードスター」にリコール。気筒休止システムの影響でエンジン停止、ブラケットが走行中に脱落する?!(2019/6/27投稿)
日産「セレナ/キューブ/NV200」に計48万台超えの大量リコール。電源分配器の基板における半田不具合で車両が炎上する恐れアリ(2019/6/27投稿)
ゲリラ豪雨や洗車の影響でエンジンが損傷?!トヨタ「シエンタ/アクア/ヴィッツ」等の計6車種・約15万台に大規模リコール(2019/6/26投稿)
【緊急事態!】トヨタ・新型「RAV4/カローラ/カムリ/プリウス」とレクサス「ES/UX」の回生ブレーキシステムに異常があるとして販売停止へ。日本市場でも販売停止の恐れも?(2019/6/22投稿)
ホンダ「N-BOX SLASH(Nボックス・スラッシュ)」に4万台超えの大量リコール。パーキングブレーキが解除されない恐れアリ(2019/6/20投稿)
新型のジープ「レネゲード」とフィアット「500X」に早くもリコール。エアバッグが作動せずに事故の場合に死の恐れも(2019/6/16投稿)
BMW「1シリーズ」に2万台超えの大規模リコール。溶接不具合により燃料が漏れ、火災発生の恐れアリ(2019/6/14投稿)
スズキ「スイフト」に5万台超えの大量リコール。エアバッグが誤作動し乗員が負傷する恐れアリ(2019/06/13投稿)
アウディのEVモデルに早くも暗雲?!「e-Tron」全てに潜在的な火災リスクがあるとリコールを発令(2019/6/11投稿)
フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」にリコール。ブレーキ警告灯が付かない恐れアリ(2019/6/1投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう