フェラーリのハイパフォーマンスモデル・新型ポルトフィーノMが世界初公開!+20馬力アップ&新開発8速DCT搭載…ポルトフィーノオーナーは涙目

現在ポルトフィーノを所有もしくは納車待ちのオーナーは完全に涙目

フェラーリは以前より、エントリーモデルのポルトフィーノ(Ferrari Portofino)のハイパフォーマンス版を発表することを明らかにしていましたが、この度2020年9月16日に新型ポルトフィーノMを世界初公開しました。

カリフォルニアTの後継モデルとして登場したポルトフィーノですが、僅か3年という短い期間にて更なるハイパフォーマンスを発表してしまうのも中々に珍しく、その理由も「ポルトフィーノがバカ売れしている」からと言われています。

今回発表された新型ポルトフィーノMは、スタンダードモデルのポルトフィーノに比べて、よりアグレッシブな顔つきに進化し、更には新開発の8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を搭載していることも大きなトピックスとなっています。

スタンダードモデルが7速DCTだったのですが、今回の8速DCTに変更となったことで20%小さいクラッチモジュールと35%高いトルク伝達を備えたユニットとなり、クーペタイプの新型ローマとほぼほぼ近いスペックへと進化しています。


エンジンスペックは+20馬力、パフォーマンスも若干向上

具体的なパワートレインとしては、排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は+20psアップした620ps/最大トルク760Nmを発揮(トルクは変化無し)。

直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.45秒(ポルトフィーノ比-0.05秒短縮)、0-200km/hの加速時間が9.8秒(ポルトフィーノ比-1秒短縮)、そして最高時速は320km/hにまで到達します。

インテリアはこんな感じ。

一見して大きな変化が無いように感じられますが、最も大きな変化はステアリング。

レースモード追加で走行モードが遂に5種類に拡大

実はポルトフィーノMでは、5つの走行モード(Manettino)が設定され、「運転の歓びと楽しみの最大化に主眼を置いた」とのことから、レースモードが追加されています。

このほかにも、GTの性質を強化するために高度な運転支援システム(ADAS)も装備されていますし、シートベンチレーションやシートヒーターといった快適オプションもラインナップされています。

なお、今回9月16日に発表されるモデルが812スーパーファスト(812 Superfast)のハイパフォーマンス版だとガセ情報を展開していた悪質サイトがありましたが、このハイパフォーマモデルは今のところ年末に公開予定と言われています。

【A voyage of rediscovery: the Ferrari Portofino M is unveiled】

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう