フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルと思われる開発車両がまたまた目撃に。ライトが点灯していないとホンダ車とは思えないアグレッシブさだ

おそらく今後も新型ヴェゼルのテストカーは頻繁的に目撃されると思う

2021年4月~5月に発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、今度は栃木県芳賀郡芳賀町にある「ロマンの湯」近くの交差点にて目撃されています(画像を提供いただけたD様には心より感謝)。

今回目撃されている新型ヴェゼルと思われる開発車両を見ていくと、ボディ全体にはまだまだ分厚いカモフラージュラッピングが施されているものの、リヤテールランプのデザインを一部確認することができ、現行モデルとは大きく異なるスタイリッシュでワイド感のある”フ”の字のような形状に見えますね。

ハイマウントストップランプもルーフスポイラーの先端が点灯するような形になっていますが、そこまでロングではなく、どちらかというとショートタイプ。

更にリヤハッチガラスとテールゲートが大きく外側に張り出すような形になっていて、いかにもクーペSUVっぽいスタイリングですが、前回大黒ふ頭PAにて目撃された開発車両と見比べてみると、そこまで大柄なボディに見えない感じですね。

更に別の角度やLEDデイタイムランニングライトが点灯しない開発車両のスパイショットは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう