フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルと思われる開発車両がまたまた目撃に。ライトが点灯していないとホンダ車とは思えないアグレッシブさだ

何と新型ヴェゼルの後ろに従えているのは…?

そしてこちらが、フロントからみた新型ヴェゼルのスパイショット。

よ~く見てみると、開発車両の後方には現行ヴェゼルと思われる車両が追従するように走行していることから、同じホンダのスタッフがランデブー走行しているのではないかと予想されます(現行ヴェゼルというのもポイント)。

ちなみにフロントヘッドライトは点灯していないものの、上部に設けられたLEDデイタイムランニングライトが点灯し、現行ヴェゼルのようなL字型から大きく一新することは間違いなさそうです。


ライトが一切点灯していない新型ヴェゼルの開発車両も目撃に!

そしてこちらが、栃木県日光市にてスパイショットされた新型ヴェゼルの開発車両(ナンバーも先ほどと全く同じ)。

こちらはLEDデイタイムランニングライトが点灯していない状態でテスト走行していますが、こうして見ると全くホンダ車とは思えないほどの風貌で、ジャガーなどのような欧州車に近い雰囲気がありますね(見方によっては日産の新型マグナイトのようなデザイン)。

もう少し近くで見てみるとこんな感じ。

ヘッドライト形状がどのようになっているのかがよくわからないものの、二眼もしくは三眼LEDのようにも見えますし、フロントグリルは六角形のハニカム形状、そしてフロントロアグリルも横に大きく開いているのが確認できます。

あとは運転席側のドアハンドルは確認できるものの、後席側は確認できず、現行ヴェゼル同様にピラーマウントドアハンドルであることがわかりますね。

ちなみに新型ヴェゼルでは、(ディーラーから先行情報によると)現行モデルでは採用されていないパワーバックドアも装備されるとのことで、この点はコンパクトSUVでありながらもラグジュアリー性を大幅に高めてきたポイントではないかと思います。

(ボディサイズは異なるかもしれませんが…)既にトヨタ新型ヤリスクロス(Toyota New Yaris Cross)でもパワーバックドアを採用するほどですから、この点は他メーカーに遅れを取らないようにと付けられる付加価値は積極的に装備し、主要モデルとしてのうま味を最大限に引き出していく考えなのではないかと予想されます。

【なんかの開発車両】

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう