ホンダ初のピュアEVクロスオーバー・新型e:Conceptのリヤテールランプはセンター直結式!そしてアストンマーティンと同じ「スワンウィングドア」を採用

ホンダ初のピュアEVクロスオーバーは実車で見るとかなりカッコいいぞ!

2020年9月26日のプレスデーより開催されている中国・北京モーターショー2020にて、中国ホンダ初となるピュアEVクロスオーバーの新型Honda SUV e:Conceptが世界初公開されましたが、早速実車モデルのインプレッション画像が公開されています。

改めて実車ベースの新型e:Conceptを見ていくと、そのボディスタイルは非常にコンパクトで、恐らく現行ヴェゼル(Vezel)と同じぐらい、もしくはそれよりもコンパクトでスタイリッシュな2ドアSUVといった印象で、しかしフロントマスクを見ていくとこれまでのホンダのデザインとは思えないほどアグレッシブに進化し、EVモデルらしいグリルレスバンパーと精悍な顔つきは、いかにも中国ユーザーが好みそうな内容にまとめられていますね。


斜めから見ると新型インサイトの面影もあったり?

別の角度から見ていくとこんな感じ。

フロントヘッドライトは非常にシャープなフルLED三眼タイプを採用し、それを囲うような形でU字形状のLEDデイタイムランニングライトを採用していますね。

またヘッドライト上部から中央へと直結するメッキガーニッシュのようなパーツ(もしかするとライト?)は、新型インサイト(New Insight)などのデザイン言語を上手く踏襲したものになっています。

新型e:Conceptの先進的でトレンドを採用したリヤデザインとインテリア、そして特殊な開閉ドアは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう