(米)トヨタ新型カムリが一部改良で大幅商品力アップ…なのに値下げという謎。レクサスUXからも限定1,000台のみの特別仕様車ブラックラインが登場

一部改良で商品力を大幅向上させた新型カムリが登場

アメリカ市場にて販売されているトヨタのミドルサイズセダン・新型カムリ(Toyota New Camry)が、2021年モデルとして一部改良を施し、機能性や装備内容、そして安全機能のアップグレードを施して発表・発売スタートしました。

今回の一部改良では、エントリーグレードでもオートハイビームや車線追跡アシスト、道路標識アシスト、リヤシートリマインダー機能が標準装備され、7インチタッチスクリーンしか設定できなかったインフォテイメントシステムも、メーカーオプションにて9インチに変更することも可能となっています。

もちろん、インフォテイメントシステムではAmazon Alexa/Apple CarPlay/Android Autoといった機能も全て装備されているので、上位グレード贔屓だった装備内容が幅広く展開されるのは非常にうれしいところです(日本市場向けも同じ対応をしてほしいところ…)。


一部改良なのに価格は値下げするという謎

なおグレード別価格帯についても変化があり、どうやらハイブリッドモデルに関しては一部改良前に比べて約12万円ほど安い約298万円からにて販売され、ガソリンタイプのエントリーグレードに関しては約274万円にて販売される予定とのこと。

更にはハイブリッドの最上位スポーツグレードHYBRID XSEも追加設定されるとのことで、これについては専用エクステリアパッケージやハンドリング向上を目的にした専用スポーツサスペンションを標準装備としているため、価格帯は約356万円とやや高価となります。

エンジンスペックについても若干の変更が入るそうで、ガソリンタイプの排気量2.5L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジンは、最高出力202hp~206hp/最大トルク247Nm~252Nmに調整され、上位グレードの排気量3.0L V型6気筒エンジンは、最高出力301hp/最大トルク362Nmと従来通りのままとなっています。

レクサスが北米市場限定1,000台のみとなる特別仕様車UX250hブラックラインを発表!その魅力的な装備内容は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう