(印)スズキ新型ジムニー・シエラの5ドア版が2021年に発売するとの噂。パーツは日本から取入れ・組立るノックダウン方式を採用との情報も

当初は2020年内に5ドア版ジムニーが登場すると言われていたが…

さて、以前より度々噂されているスズキ新型ジムニー・シエラ(Suzuki New Jimny Sierra)の5ドア版についてですが、インド市場向けブランドとなるマルチ・スズキが、2021年内にいよいよ販売されるとの噂が浮上しています。

海外の自動車サイトGaadiWaadi.comによると、2020年初めにオートエキスポにて新型ジムニーの3ドア版を特別展示して以降、”2020年内に5ドア版が登場する”との不確かな情報が流れ、しかし2020年10月に入ってから、ようやく「2021年内に5ドア版が導入される」との情報を入手したそうです(但し情報元は不明)。


可能な限り安く抑えつつも高品質なモデルを提供するにはノックダウン生産方式が適切

本当かどうかは現時点では確認できないものの、2021年に遅れた理由としては、他国への3ドア版の輸出を優先していることが大きな理由だそうで、その一方で排ガス規制の絡みで欧州市場への3ドア版ジムニーの輸出がほぼ無くなったことを受け、日本市場へと大幅に割振りが増加し、納期を短縮できる可能性があることから2021年に5ドア版をインド市場へと導入することができると見込みを付けているようです。

そして気になる生産方式については、どうやら日本市場からパーツを供給してインドのマルチ・スズキ工場にて組立するノックダウン方式を採用することで、生産品質と信頼性、耐久性を確保し、それでいて価格帯もある程度抑えて販売することができるのだそう。

インド市場向け5ドア版ジムニーの価格帯は?競合モデルは何?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう