遂にフルモデルチェンジ版・日産の新型フェアレディZ(400Z)のフロント・リヤウィンカーが光った!シーケンシャルではなく点滅式、一体どこが光る?【動画有】

今後は日産グローバルからも新型フェアレディZの細部に関する情報が展開されることだろう

2021年度内に発表・発売予定で、既にアメリカでは量産モデル3台がモータージャーナリストによって試乗・インプレッションされている日産のフルモデルチェンジ版・新型フェアレディZ(Nissan New Fairlady Z, 400Z)。

既に量産モデルの内外装デザインや価格帯、グレード構成などが完全リークされていますが、今回新たに、日産グローバルより新型フェアレディZプロトに関するストーリー動画が公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回の動画では、新型フェアレディZ(400Z)プロトに関して日産のデザインディレクターである入江慎一郎 氏とのインタービュー内容に加え、今まで明らかにされなかったフロント・リヤウィンカーの点滅ポイントも確認できます。


新型フェアレディZは日産の情熱を目覚めさせる唯一無二の一台

今回発表された新型フェアレディZについて入江氏は、「マニュアルギアボックス(6速MT)のラインナップは絶対」とのことで、日産を愛する顧客が最も期待していた要素だったとのこと。

加えて入江氏は「もちろん、新型Zは世界中の車好きのアイコンであり、その主な役割の1つとして、日産社員全員が情熱を目覚めさせることでした。内面からの情熱により、新型Zは日産で唯一の存在となり、私たち全員にインスピレーションを与えてくれる」と説明しています。

新型フェアレディZのフロント・リヤウィンカーの点滅ポイントもチェック

そしてこちらが新型フェアレディZのリヤウィンカー点滅ポイント。

昨今のトレンドにもなっている流れるタイプのシーケンシャルウィンカーではなく、シンプルなLED点滅タイプ(シームレスではなく粒々タイプというのもレトロでユニーク)。

そしてこちらはフロントウィンカー点滅時。

初代フェアレディZ(S30型)をモチーフにしたフロントヘッドライトに対し、”こ”の字型の上部がターンシグナル(反転)するように点滅する仕組みになっているようですね。

サイドから見てみるとこんな感じ。

少し奥行きのあるフロントウィンカーで、動画で見てみると少し柔らかい点滅のようです。

歴代フェアレディZ(S30/Z32/Z33/Z34)と共に走る新型フェアレディZですが、これらのデザイン言語を取り入れた日産の新たなデザイン言語として、競合モデルとなるであろうトヨタ新型GRスープラに真っ向から勝負を挑みます。

【The Nissan Z Proto dares to do what others don’t】

日産は過去に新型フェアレディZプロトを特別屋外展示し、更に日産CEOである内田誠 氏もお忍びで参加していた!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう