2021年4月19日に世界初公開されるトヨタの新世代ピュアEVは新型BZ4Xとの報道。上海MS2021に登場予定のクラウンクルーガー/クラウンヴェルファイア/新型ESなどもおさらい

トヨタは既にBZの商標を完了し、BZ1~BZ5のナンバリングモデルも登場予定

2021年4月19日のプレスデーより開催予定となっている中国・上海モーターショー2021ですが、トヨタより発表予定となっている新世代e-TNGAを搭載するピュアEVクロスオーバーの名称がBZ4Xと報じられています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

フランス雑誌L’Argusの報道によると、トヨタはBZ(BeyondZero)の商標申請を完了していて、BZ1/BZ2/BZ2X/BZ3/BZ4/BZ4X/BZ5のナンバリングモデルを発表していく計画があるとのことで、その中で今回上海モーターショー2021にて登場する記念すべき1車種目がクロスオーバータイプのBZ4Xになるそうです。


新型BZ4Xのフロントマスクもほぼ明確に

なおBZのあとのナンバリングは、前回の記事でもお伝えした通り「小さい数字になればコンパクトな車体」になるとのことですが、具体的にハッチバック/クーペ/セダン/ステーションワゴン/軽自動車になるかは一切不明。

そして上の画像が、今回トヨタが明らかにした新型BZのティーザー画像。

輝度を変更しフロントマスクをより鮮明にした一枚となりますが、サイズ感は明確になっていないもののフロントグリルレスを採用。

ヘッドライトデザインは、新型ヤリスクロス(New Yaris Cross)のような上部水平基調のLEDデイタイムランニングライト、その下部にはレクサスRXのような四眼LEDヘッドライトを搭載しています。

電動化の遅れを取り戻すべく、昨今のブームとなるSUVで勝負

アグレッシブな顔つきというよりも、先進的でクリーンなイメージが強い新型BZ4Xですが、今回上海モーターショー2021にて出展されるということは、おそらくメインのターゲット市場も中国になると予想。

バッテリーやモーター技術が進んでいる中国市場において、完全にスタートが遅れてしまっているトヨタではありますが、今回のBZシリーズで巻き返しを図れるのか注目したいところです。

この他、上海モーターショー2021にて出展予定のトヨタ新型クラウンヴェルファイア/クラウンクルーガー/レクサス新型ESもおさらい!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう