【価格は291.5万円から】マイナーチェンジ版・スバル新型フォレスターが2020年10月22日に発売スタート!新開発1.8Lターボエンジン追加でよりパワフルに

SUVとしての質感とパワフルさを向上させて新型フォレスターが発売スタート!

スバルのミドルサイズSUVモデルとなるフォレスター(Subaru Forester)が、2020年10月22日にマイナーチェンジ版として新たに発売スタート。

今回のマイナーチェンジでは、新開発となる排気量1.8L 水平対向4気筒直噴ターボ”DIT”エンジンを搭載する”SPORT”グレードが新設定され、更にはe-BOXER搭載グレードの展開拡大や乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」の全車標準装備、X-BREAKグレード新制御となる「e-アクティブシフトコントロール」が搭載された充実のモデルとなります。


グレードは全4種類、気になるグレード別の主要装備内容もチェックしていこう

今回発売された新型フォレスターでは、「Touring/X-BREAK/Advance/SPORT」の全4グレードを展開し、この中で唯一1.8L直噴ターボエンジンを搭載しするのがSPORTで、Touring/X-BREAK/Advanceでは2.0L直噴エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドタイプe-BOXERが設定されます。

続いては、マイナーチェンジ版・新型フォレスターのグレード別主要装備内容を見ていきましょう。

ミドルサイズSUVということもあり、最低でも17インチアルミホイールを標準装備とし、上位グレードになると18インチで、メッキ加飾やガーニッシュパーツ系が増えているのがわかりますね。

【新型フォレスター・グレード別主要装備一覧】

[Touring(e-BOXER搭載)]
・17インチアルミホイール(ダークメタリック塗装+切削光輝)
・フロントグリル&フロントフォグランプカバー(無塗装ブラック+メッキ加装)

[X-BREAK]
・17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・フロントグリル&フロントフォグランプカバー(無塗装ブラック+ブラック塗装加飾)
・レッドオレンジ加飾付きサイドクラッディング
・ルーフレール[ロープホール(レッドオレンジ加飾)付]
・リヤガーニッシュ(ブラック塗装)

[Advance]
・18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装+切削光輝)
・サテンメッキドアミラー
・フロントグリル&フロントフォグランプカバー(ブラック塗装+メッキ加飾)
・シルバー加飾付サイドクラッディング
・メッキドアハンドル

[SPORT(1.8L直噴ターボ”DIT”搭載)]
・18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)
・グレーメタリック塗装ドアミラー
・フロントグリル(ブラック塗装+ブラック塗装加飾)
・フロントフォグランプカバー(グレーメタリック塗装+グレーメタリック加飾)
・アクセントシルバー塗装加飾付きサイドクラッディング
・リヤガーニッシュ(グレーメタリック塗装)

グレード別のインテリアやボディカラー、そしてグレード別価格帯は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう