ハロウィンの夜に北海道・札幌市にて登場したパトカーと警察官は完全な偽物だった!本物の北海道警察が調査を進めている模様【動画有】

ハロウィンでの悪ふざけが完全な犯罪行為に

2020年10月31日のハロウィンの夜、北海道・札幌市の狸小路5丁目にて、仮装した男たちが警察車両を盗んで走り出す?という映像(投稿者は@pf_mocchi0721)が公開され大きな問題となりましたが、実はこの警察車両と警察官は完全なる偽物で、全てハロウィン用とYouTube撮影用に準備されたものであることが発覚しました。

HTBニュースでも大きく取り上げられた今回の警察官と警察車両の偽物ですが、元動画をTwitterにて掲載した人物は既に削除しているものの、今回の様にニュースにて取り上げられている上に警察も調査を進めているとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽


ところでどうして偽パトカーだとわかった?

こちらが今回登場した警察車両の偽物ですが、画像を見てもお分かりの通り「北海|道警察」と区切られていて、実際には「北海道|警察」と表記するのが正。

HTBニュースも同様のことを取り上げていて、POLICEの表記も無いことを指摘していますが、ここで一番問題になるのが、今回登場した偽警察車両をどのように準備したのか?ということ。

劇用車を借りて走らせていたのなら何となく理解はできるものの、そもそも公道で走らせることは許可されておらず、車検も適用されているのかも微妙な状態。

今回の悪ふざけで3つの違反が適用される可能性が高い

なお元検事である中村浩士 弁護士の説明によると、パトカーに似せた車両を公道にて走らせた場合、「道路運送車両違犯」と「道路交通法違反」の両方の違反にて該当するとのこと。

仮に前科・前歴が無い者であっても、通常は罰金刑にて処理されるとのことですが、その一方で警察官になりすましたYouTuberのメンバーと思われる人物も違反の対象になるとのこと。

具体的には、警察官になりすまして相手を警察官であると誤認・混同させた場合は「軽犯罪法違反」に該当するとのことで、ちょっとした悪ふざけ程度に思っていたものが、世間に大きな迷惑をかけ、自身の人生を大きく狂わすことにもなるかもしれません。

以前何かと大きな話題となった迷惑系YouTuberのへずまりゅうと同様の結果にならなければ良いのですが、色々とこのYouTuberの動画を調べてみると、今回の悪ふざけ以外にも悪質な動画がいくつか投稿されていますし、警察の調査が進められれば罰金刑では済まされないかもしれませんね(今回この動画の撮影を行っていたのはPerfect Facesと呼ばれる18禁の内容ばかりを投稿しているYouTuber)。

【ハロウィーンの夜 札幌にニセパトカー【HTBニュース】】

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう