岡山県の早島IC近くにて、フラフラと暴走する軽自動車が他車を巻き込む大事故に→ドライブレコーダーが事故の瞬間を抑えていた【動画有】

どんなに自分自身が注意して運転していても、周りが注意していなければ意味が無いことだってある

2020年10月25日の早朝、岡山県都窪郡早島町早島の早島IC(インターチェンジ)近くにある国道2号線にて、フラフラしながら暴走する軽自動車が他車を巻き込む大事故が発生しました。

事故の瞬間をドライブレコーダーにて撮影していたドライバーの情報によると、元々は前方に軽自動車が走行していて、かなりフラフラと走行していたので不安になり追い越し、その後ドライブレコーダーの後方カメラにて撮影を継続していたところ、後方を走行する軽自動車が更にフラフラし出したとのこと。

しばらくすると、軽自動車は片側4車線の一番右側の車線を走行し、遂に中央にあるポールと接触しながら走行するまでに。

この時点でドライバーは自分勝手(傲慢)な運転をしているのではなく、居眠り運転か飲酒運転、スマートフォン操作によるわき見運転、もしくは薬物を摂取していた可能性が高そう。


ドライバーは全く事の重大さに気づいていないのがわかる

危ない!

中央のポールに接触していますが、ドライバーは全く意識が無いのか反対車線から走行してくる車両に気づかず、危うく衝突事故になりかけるも何とか通過。

このままでは多重事故を引き起こす恐れもあるかもしれません…

嫌な予感は見事に的中。

遂に軽自動車は交差点の広いところから反対車線へと移ってしまい逆走状態に。

このままでは何の罪もない人が命を落とすことなる…

ようやく意識が戻った?!しかし軽自動車の体勢はかなり不安定

軽自動車のドライバー…ようやく交差点を通過したところで意識を取り戻したのか、急いで走行車線へと戻ろうとするも、急なハンドルの切り返しとポールの接触を避けるために無茶な運転をしたため、重心がズレて完全に体勢を崩すことに。

軽自動車は何とか走行車線に移るも、体勢を崩してしまったため、たまたま中央車線を走行していたトヨタ・カローラフィールダー?にサイドプレス。

これは巻き添えを受けたカローラも溜まったもんじゃないですね。

接触後、軽自動車はその反動で横転する大事故へと発展。

カローラは何とか横転せずの状態ですが、恐らくここから渋滞が発生したことは言うまでもありません。

現時点で軽自動車のドライバーがどういった理由でフラフラと暴走していたのかは不明ですが、どんなに自分が気を付けて運転していても、周りの注意意識が薄れてしまっては、それによって巻き添えを受けてしまうことだってあるわけで…

改めて一人ひとりが誰かの命を預かって運転していることを理解しなければならないと思った次第です。
※なお事故を引き起こした軽自動車のドライバーは飲酒運転だったことが発覚しています。

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう