遂に来た!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの開発車両を再びキャッチ。電動テールゲートが作動する瞬間、そしてインテリアカラーも明らかに

見れば見る程にリヤテールゲートの張り出しが凄い次期ヴェゼル

これまで何度もスパイショットされてきたホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)と思われる開発車両ですが、今度は愛知県岡崎市宮石町六ツ田にある新東名高速道路の岡崎SA下りの駐車場にて目撃されています(画像並びに情報提供頂けたP様には心より感謝!)。

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、以下関連記事にある三重県四日市市の塩浜にて目撃された開発車両とは異なり、足もとのアルミホイールがラグジュアリー仕様となるブラックスパッタリング加工が施されているものを装着しているのが確認できますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


よりスポーティで伸びやかなSUVを目指す次期ヴェゼル

そしてボディスタイルを見ていくと、フラットに近いフロントノーズから一気に突き上がるようなAピラー→ゆったりと下っていくようなルーフライン→クーペ風になだらかになっていくリヤハッチガラス→大きく張り出したリヤテールゲートという流れになり、現行ヴェゼルとは大きく異なるクーペSUVとなることが確認できます。

ノーズがフラットで突き出てるということは、最近のマツダCX-5やBMW・X2、トヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)などでも見受けられるような、フードの先端部分を少し延長することでロングノーズに見せる手法を取る可能性も高そう。

上の画像は新型ハリアーになりますが、こうすることでキャビンが更に後ろに位置しているように見えるよう工夫が施されていて、よりスポーツカーチックに見えるんですね。

クロスオーバーやSUVモデルともなると、どうしても車内を広く取りフロントガラスを前に配置することになるため、そうなるとフロントフードが短くなって見てくれが悪くなってしまうので、こうしたSUV特有の問題を解消するために新型ヴェゼルもかなり変化を遂げてくるのではないかと予想されます(プラットフォームも一新するので尚の事)。

これまで確認できなかった新型ヴェゼルのバックランプや電動テールゲート作動の瞬間、そして一部のインテリアデザインは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう