マツダ新型MX-30やホンダ新型フィット4の安全性ってどうなん?実際に衝突評価をしてみたら驚くべき結果に【動画有】

車を購入する上で安全性能の高さも重要なファクターになっている

自動車の安全性を評価する上で重要になってくるEuro NCAP(ユーロ・エヌキャップ)。

アメリカにて評価しているNCAPのヨーロッパ版といったところで、具体的には衝突試験や衝突予防性能試験による検証を行い、その結果を公表することで自動車の安全性の目安となる情報を提供するものですが、今回その評価の対象となっているのがマツダ新型MX-30とホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)、そしてBMW新型2シリーズ・グランクーペとなります。

マツダ新型MX-30の衝突安全性は?

まずはマツダ初のピュアEVクロスオーバーで、日本市場では先にマイルドハイブリッドが市販化された新型MX-30の評価をチェックしていきましょう。

Euro NCAPにて評価を行ったところ、何とMX-30は最大評価の5つ星で、大人と子供の乗員保護はそれぞれ91%/87%、歩行者と安全アシストでそれぞれ68%/73%を獲得しています。

評価結果による考察として、シグネチャーウィングをコンパクトに抑えたフロントマスクの構造は、専門家からの視点でも衝突時のことをしっかりと考慮して設計しているとのことですが、一方で衝突回避機能はそこまで評価が高くなかったのが印象的。

【Euro NCAP Crash & Safety Tests of Mazda MX-30 2020】


ホンダ新型フィット4の衝突安全性は?

続いては私も所有しているホンダのフルモデルチェンジ版・新型フィット4の評価結果ですが、こちらもMX-30同様に5つ星を獲得していて、乗員保護においては大人87%/子ども83%と非常に高く、安全アシストでは76%とコンパクトカークラスで最高評価を得ています。

新型フィット4では、ドライバーと助手席乗員をケガから保護する新世代センターマウントエアバッグが搭載されていることが最高評価につながっているとのことで、自動ブレーキの精度もかなり高めとのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【Euro NCAP Crash & Safety Tests of Honda Jazz 2020】

輸入車に一切引けを取らない国産車の安全性能の高さは今後の指標にもなる

今回の評価において、Euro NCAPの事務総長であるMichiel vanRatingen氏によれば、「ホンダとマツダは、安全性能への取り組みにおいて最高評価の5つ星を獲得したことを祝福したい。欧州市場でも販売されている各車は、今後評価を行っていく新型車のための指標にもなる」と説明していて、ユーザーにも強くアピールできると称賛しているとのこと。

なおこの他にも輸入車部門では、BMW新型2シリーズ・グランクーペやメルセデスベンツVクラス・ゼロエミッションも評価を実施していて、それぞれ最高評価の5つ星を獲得していることが明らかになっています。

【Euro NCAP Crash & Safety Tests of BMW 2 Series Gran Coupé 2019】

☆★☆安全評価関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう