芦有ドライブウェイにてポルシェ911GT3RSが自転車と接触し大破。更に9月にはフェラーリ458スペチアーレも単独事故に【動画有】

最近やたらとポルシェの事故が多いような気もするが…

2020年11月22日(日)の午前から午後にかけて、兵庫県西宮市にある有料道路・芦有ドライブウェイにて、オレンジカラーのポルシェ911GT3RS(Porsche 911GT3RS)が大破する事故が発生した模様。

事故の詳細については明らかにされていませんが、目撃情報によれば911GT3RSが峠道の芦有ドライブウェイを異常なスピードにて走行していたところ、途中のコーナーにてコントロールを失ってしまいガードレールに接触したとの情報が入ってきています。

ただ、別の情報では同一方向にて走行していた自転車と接触した?との話も入ってきているので、これについては警察の調査が明らかにならない限りは何とも言えないところではあるものの、画像を見る限り旧世代のポルシェ911が反対車線にて停車しているあたり、恐らく一緒に走行していた仲間だと考えられ、もしかすると公道レースのようなものを行っていた可能性が高いかもしれません(とりあえずドライバー等のケガが無いかが一番心配なところ)。


芦有ドライブウェイでの事故は意外と多い

そしてこちらは、2020年9月末に同じ芦有ドライブウェイにて発生したフェラーリ458スペチアーレ(Ferrari 458 Speciale)の単独事故。

事故の状況を見る限り、芦有の下りのコーナーを曲がり切ることができず、そのまま縁石を乗り上げてしまったのだと思いますが、ハンドリング性能ピカイチの458スペチアーレでコーナーを曲がり切れず外側に膨らんだのであれば、とんでもないスピードにて加速していたのではないかと予想されます(もしくはタイヤのコンディションがあまり良くなかった?)。

幸いドライバーにケガは無かったとのことですが、もう少し手前のガードレースを突き破っていたら大変なことになっていたかもしれませんね。

「西の大黒」と呼ばれる芦有ドライブウェイってどんなところ?日曜の早朝になるととんでもないスーパーカー達が登場するって本当?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう