なぜ日本でも売らない?!日産が新型エクステラを世界初公開!ナバラをベースにしたトラックSUV…トヨタ・ランドクルーザー・プラドと勝負できそう【動画有】

日産の新型車発表ラッシュが止まらない!今度は中東向けの新型エクステラだ!

2020年11月24日にフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWERを発表したばかりの日産ですが、今度は中東市場向けとなるSUVタイプの新型エクステラ(Nissan New X-Terra)を世界初公開しました。

他の市場ではテラ(Terra)として販売されているこのモデルですが、ピックアップトラックの新型ナバラ(Navara)と同じプラットフォームを共有するトラックタイプの3列シートSUVモデルとなります。

基本的な形状はそこまで劇的な変化はないものの、フロントマスクや各種パーツの再設計はもちろんのこと、より日産らしい力強い一台として中東市場での人気を取り戻す期待の一台となりそうです。


新型エクステラのエクステリアデザインを見ていこう

早速新型エクステラの外観をチェックしていくと、日産独自のVモーショングリルを採用することでダイナミックな顔つきとなり、更にスカルプテッドバンパーやC字型のLEDデイタイムランニングライトを採用することで、一目で日産と分かる上に中東市場にて販売される新型パトロール(New Patrol)の兄弟車のような仕上がりになっていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

リヤデザインもかなりダイナミックでワイド感があり、リヤテールランプは2本のラインを設けたLEDを採用、”Nissan”エンブレムを囲うようなアーチ状のメッキガーニッシュ、スキッドプレートを設けることで、いかにもオフロードSUVらしい雰囲気を実現。

残念ながらこのモデルは日本市場での販売は無いものの、十分トヨタ・ランドクルーザー・プラド(Toyota Land Cruiser Prado)とも勝負できるほどの商品力はあると思うんですよね(何だか勿体ない)。

ちなみにボディカラーは、ブラウンやバーガンディを含む全7色をラインナップしていて、インテリアはプレミアムブラックとライトグレーのの2種類のみとのこと。

新型エクステラのインテリアデザインはどうだ?搭載されるエンジンは?販売時期は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう