一気に高級感増した!フルモデルチェンジ版・日産の新型ノート・オーテック(AUTECH)の実車が想像以上にカッコ良かった件【動画有】

2020-11-27

よりスポーティで高級感が増した新型ノート・オーテックも売れそうな予感!

2020年11月24日に発表され、12月23日に発売予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWER(Nissan New Note)ですが、今回は12月23日に発表/2021年2月19日に発売予定となっているカスタムカーの新型ノート・オーテック(Note AUTECH)をインプレッション。

今回新型ノート・オーテックのエクステリアを参考にさせて頂くのは、自動車ジャーナリスト川口まなぶ氏がインプレッションしているLOVECARSTV!チャンネルで、ボディカラーは特別色のオーロラフレアブルーパール/スーパーブラックの2トーンタイプ、そして足もとのホイールは標準装備の16インチアルミホイールとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型ノート・オーテックの主要諸元はこうなっている

ちなみにノート・オーテックのベースモデルは、新型ノートe-POWERの上位グレードXで、主要諸元は以下の通り。

車体サイズ:全長4,080mm×全幅1,695mm×全高1,520mm、ホイールベース2,580mm

室内寸法:長さ2,030mm×幅1,445mm×高さ1,240mm

トレッド:前1,490mm/後1,490mm

最低地上高:120mm

車両重量/車両総重量:1,230kg/1,505kg

上の諸元を見ての通り、スタンダードモデルのノートe-POWERに比べて全長が+35mm長く、全高は変わらず、車両重量は僅か+10kgに抑えているのがわかります。

新型ノート・オーテックのエクステリアを見ていこう

まずはフロントマスクを見ていきましょう。

スタンダードなモデルに比べて、フロントグリルがグロスブラックから専用メッキに変更することで一気に高級感が加味されているのがわかります。

更にはフロントロアのスポイラー部分には、シルバー塗装が施されることで一目でオーテックのカスタムモデルであることがわかります。

間近でフロントグリルを見ていくとこんな感じ。

水平基調のメッキ加飾バーが並べられたフロントグリルですが、かなり作りが細かいです。

そしてグリル上部には”AUTECH”の専用バッジも貼付されていますね。

こちらは簡易カタログではあまり目立たなかったのですが、フロントインテーク近くには水平基調のLEDバーライトが設けられ、これで更にカスタムカーとしての存在感を引き上げていて、ぱっと見で「お金かかってるんだろうなぁ」と思わせてくれる仕上がりになっています。

全体的に更なる完成度を高めてきた新型ノート・オーテック…但し一部残念なポイントも…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう