ホンダ新型シティ・ハッチバックの実車インプレッション!その仕上がりはフィットとシビックの中間で質感高め…今すぐホンダは日本での販売を検討すべき【動画有】

新型シティ・ハッチバックは実車を見れば見る程に完成度の高いモデルなのがわかる

タイ市場向けに2020年11月24日に発表・発売スタートした、ホンダの新型シティ・ハッチバック(Honda New City Hatchback)ですが、このモデルは新型フィット4(New FIT4)のセンタータンクレイアウトプラットフォームをベースに、新型シティ・セダン(New City Sedan)の派生車種として生まれた一台ですが、その完成度は非常に高く、見た目や質感、印象度は新型フィット4とシビック・ハッチバック(New Civic Hatchback)の中間的な立ち位置。

ボディサイズとしては、全長4,345mm~4,349mm×全幅1,748mm×全高1,488mmとなるため、恐らく日本市場向けで販売されれば、Cセグメント3ナンバーハッチバックとして登場する可能性が高く、しかしタイ市場向けとして販売された後は中国へと展開され、現時点では日本市場での市販化は検討されていません。

取り回しのし易さや、(後ほどご紹介しますが)積載性の面でもかなり評価が高い新型シティ・ハッチバックですが、今すぐにでもホンダは日本での市販化を検討した方が良い一台だとも考えています。

新型シティ・ハッチバックは一体どれほどの仕上がりになっているのか、早速実車を見ていきながらインプレッションしていきたいと思います。


フロントマスクから物欲を刺激する一台

まずはエクステリアデザインですが、グレードは最上位スポーツのRSで、フロントグリルには”RS”の専用バッジ、フロントインテークにはフィンが設けられたアグレッシブフェイス。

上部にシームレスなLEDデイタイムランニングライトや、フロントLEDヘッドライトが採用される辺り、シビック・ハッチバックや次期ヴェゼル(New Vezel)を想起させるような顔つきに仕上げられていますが、このクラスのモデルを約260万円以下にて購入できるというのは破格レベル。

フロントエンブレム周りのバンパーには、立体的な表情を設けるためにグロスブラックペイントされて高級感が増していますし、ヘッドライト上部を縁取るような形でグロスブラックのラインも入っているので、全体的にスポーティで上手くまとめられていると思います。

サイドビューはこんな感じ。

フロント・リヤオーバーハングは短く、いかにもコンパクトスポーツハッチバックといったところでしょうか。

ウエストラインも高い位置にあり、ドアハンドルに流れるプレスラインはホンダ特有ですがデザインを損ねない個性を生み出しています。

トップルーフはフラットではなく、リヤハッチにかけて下っていくような滑らかなラインを描いています。

新型フィット4の面影を残すリヤデザイン

リヤデザインはシティ・ハッチバックならではの独自のデザイン言語を採用していますが、L字とU字の中間的なリヤテールランプは新型フィット4風で非常にスポーティ。

リフレクターも縦型基調でダイナミックですし、過度にメッキガーニッシュなどを設けない潔さも素晴らしいところだと思います。

ちなみにリヤテールランプは2本タイプで、リヤウィンカーは新型フィット4と同じ豆球点滅タイプ。

プラットフォームが新型フィット4と同じなので、給油口も左フェンダー上部に設けられていますね。

こちらはカスタム仕様の新型シティ・ハッチバック。

デュアルルーフスポイラーやリヤディフューザー、カーボン調のドアハンドルなど、更に過激さが増してカッコいいですね。

新型シティ・ハッチバックは内装もかなり優れている?ラゲッジもかなり高評価!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう