【価格は299.4万円から】一部改良版・マツダ新型CX-8が2020年12月3日に発売へ!更に特別仕様車Black Tone Edition追加で10.25インチディスプレイなど豪華仕様に

2020-12-03

マツダのラインナップモデルで最も変化の大きい新型CX-8

マツダの3列シートSUVモデルとなるCX-8が、2020年12月3日に一部改良版として新しく発表・発売スタートすることが明らかとなりました。

いつもお世話になっているマツダディーラーにて取材させていただいたところ、どうやらCX-8以外にもCX-5/MAZDA6なども一部改良が入るとのことで、その中で最も力を入れているのがCX-8とのこと。

そして今回の一部改良に合わせて、何と特別仕様車となるBlack Tone Edition(ブラック・トーン・エディション)が追加されるとのことで、その装備内容も非常に充実しているので、早速詳細をチェックしていきましょう。


今回の一部改良で新型CX-8はどこがどう変わるの?

まず今回の一部改良の詳細についてですが、最も大きな変化としては新世代マツダコネクト(MazdaConnect)が採用されるとのことで、8.8インチディスプレイの標準装備もちろんのこと、上位グレードとなるL Package/Exclusive mode、そして特別仕様車のBlack Tone Editionには10.25インチのワイドディスプレイが標準装備されます。

このほかにも直接タッチしなくても自動でオープン可能なキックバック式ハンズフリーテールゲートが上位グレードL Package/Exclusive modeにて標準装備されるとのことで、特に買い物時に両手がふさがっている時には重宝される装備だと思います。

フロントデザインもCX-5のようにスポーティなメッシュパターン!

そしてフロントマスクについてですが、一部改良なので特に変更は無し?と思いきや、どうやら上位グレードL Packageがスポーティを意味するブロックメッシュのグロスブラック、Exlusive Modeがラグジュアリーを意味するブロックメッシュのガンメタリック、そして特別仕様車Black Tone Editionは水平基調のグロスブラックを採用するとのこと。

それ以外のグレードに関しては、従来通りの水平基調のシルバーを継続するそうです。

ところで特別仕様車Black Tone Editionの変更内容は?グレード別価格帯はどうなっている?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう