遂に来た!ビッグマイナーチェンジ版・日産の新型マーチ(2021年モデル)が完全リーク!マイクラよりも更に精悍な顔つきでボディカラーも2トーンに

新型ノートがe-POWER限定なら、新型マーチをガソリンモデル限定で国内発売したら売れる気がする…

以前、日産メキシコのリオデジャネイロにあるレゼンデ工場にて生産されたビッグマイナーチェンジ版・新型マーチ(Nissan New March)が完全リークされていましたが、今度はメキシコ某所にてCM撮影中の新型マーチがスパイショットされています(情報並びに画像を提供いただけたC様には心より感謝!)

現地にスパイショットしたC様の情報によると、新型マーチはコンパクトなボディながらも非常にアグレッシブでワイド感があり、欧州市場向けに販売されているマイクラ(Micra)とはまた異なる精悍な顔つきで非常にクールだったとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

前回レゼンデ工場でのリーク画像同様に、ダイナミックなVモーショングリルやメッキを用いた太めのグリルフレーム、二眼タイプのLEDヘッドライト、そしてフロントフォグランプなど日本市場にて販売されている現行K13型マーチとは全くの別物レベル。

メキシコ市場にて販売予定の新型マーチは、ガソリンエンジンモデルとして販売される予定とのことですが、日本市場では2020年12月23日に新型ノートe-POWERが発売されましたし、今回の新型マーチがガソリンモデルとして市販化されても売れるのではないかと思います。


2トーンカラーでリーフのようなアグレッシブフェイス…これかなりイケてるぞ

改めて完全リークされた新型マーチのエクステリアデザインを見ていきましょう。

ボディカラーはワインレッド系(ガーネットレッドとはちょっと異なる?)にトップルーフがブラックの2トーンカラーに仕上げられ、ブラックカラーのルーフスポイラー、ドアハンドルはカラードタイプ、そして足もとのアルミホイールはデュアル5スポークで中々にスポーティにまとめられていますね。

あとは現行K13型マーチ同様に、ルーフのフロント部分にポールタイプのアンテナが設けられていて、さすがにこの辺りはシャークフィン形状は採用されていない模様。

ちなみにこちらが、レゼンデ工場にてスパイショットされた新型マーチのリーク画像。

Vモーショングリルパターンは水平基調で、フロントエンブレムは新生NISSANではなく旧デザインを装着しています。

おそらくフルモデルチェンジもしくは全くの新規モデルではないため、マイナーチェンジや一部改良モデルなどはそのままエンブレムが引き継がれるのではないかと思われます。

ビッグマイナーチェンジ版・新型マーチのインテリアはどうなっている?日本市場での販売の可能性は?


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう