トヨタ新型ヤリスクロスがシンガポールでも発売スタート!ハイブリッドのみでグレードは2種類、但し価格帯は約800万円からとレクサスRX以上

わかってはいたけど、やっぱり新型ヤリスクロスも超高額販売だった

日本市場では4万台以上のバックオーダーが入っているトヨタ新型ヤリスクロス(Toyota New Yaris Cross)ですが、このモデルがいよいよシンガポール市場でも発売スタートとなりました。

以前、シンガポール市場向けとなるホンダ新型フィット4(海外名:ジャズ)に関する記事をご紹介した際、同国では公共交通機関の利用を推奨していることもあり、自家用車を利用する場合はとんでもない関税が課されます。

そのため、日本市場であれば約200万円ほどで購入できる新型フィット4でも、シンガポールでは輸入税や商品サービス税、登録料、追加登録料により約752万円からにて販売されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回の新型ヤリスクロスももちろん例外ではなく、日本では考えられないような金額にて販売されているため、一体どれぐらいの金額なのか?装備内容やボディカラー、グレード等も含めてチェックしていきましょう。


シンガポール市場ではハイブリッドモデルのみ販売

早速シンガポール市場向けのヤリスクロスを見ていくと、エクステリアデザインや内装などは特に大きな変化が無く、これといった特別な装備は無いものの、搭載エンジンはハイブリッドのみ。

環境法規を考慮して、排気量1.5Lダイナミックフォースエンジン+新世代ハイブリッドシステムを組み合わせることにより、システム総出力110hpを発揮、車体重量は1,190kg、0-100km/hの加速時間は約11.4秒にて到達します。

ボディスタイルはBセグメントSUVで、新型ヤリス(New Yaris)と同じTNGA-Bプラットフォームを採用しながらも、リフトアップした車高、高い運転位置など、5ナンバーコンパクトカーのヤリスに比べると一気に実用性が向上しています。

装備内容としては、ハイマウントヘッドライトやLEDデイタイムランニングライトが設定されるも、オートLEDヘッドライトに関しては、上位グレード”Excite”のみ標準装備されます。

シンガポール市場向け新型ヤリスクロスの安全装備やボディカラー、そして気になるグレード別価格帯は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう