雪の影響で傷だらけになったホンダ新型フィット4の修理見積もりを公開!フロント・リヤガラス交換だけで約30万円…大雪の日にワイパーを立てない方が良い理由とは?

概算見積もりで把握はしていたものの、改めて紙面で見るとインパクトが凄い

さてさて、2021年1月中旬頃の大雪の影響により、私が所有するホンダのフルモデルチェンジ版・新型フィット4(Honda New FIT4)e:HEV LUXE×四輪駆動(4WD)が雪で埋もれてしまい、その後近隣の方々のご協力によって救出されるも、金属のスコップなどで除雪されたそうで、その時にスコップ痕や金属での接触傷がボディやフロント・リヤガラスについてしまったんですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

これについては、どうにも防ぎようがなかったため(近くに停めてあった他の方々の車両たちもスコップ痕などで傷だらけになっていた…)、とりあえず傷が付いたところ全てを修理する場合、どれぐらいの費用が発生するのかを見積もりしていただくことに。

事前の概算見積もりでは約60万円ほどと言われていたため、これ以上金額が上がる可能性は低いと説明を受けましたが、改めて正式な誌面での見積もりを見てみると、そのインパクトは絶大。

▽▼▽関連記事▽▼▽

一体どれだほどの費用が発生したのか、早速チェックしていきましょう。


新型フィット4の修理見積内容を見ていこう

以下が、今回ホンダディーラーさんより回答頂いた雪害によると新型フィット4の修理費用の見積もり内容。

交換パーツに加えて工賃代も含めているので、少しでも参考にして頂けたらと思います。

【新型フィット4の修理見積もり内容一覧(10%税込み)】

・フロントガラスセット取り換え作業(工賃込み):194,942円

・DTVガラスアンテナモールディング他:9,812円

・リヤガラスセット取り換え作業(工賃込み):68,816円

・リヤテールゲートガーニッシュ交換他:6,730円

・リヤワイパー+モーター一式交換(工賃込み):26,400円

・フロントグリルレスバンパー交換(工賃込み):62,810円

・シャークフィンアンテナ交換(工賃込み):39,886円

・ルーフ/ボンネット/フェンダー他再塗装(工賃のみ):180,000円

総支払額:589,396円

修理見積もりとしては約59万円という結果になりました。

頭ではわかっていても、こうして紙面で見てみると数字のインパクトはかなり凄く、冷静に考えるとかなり痛い出費だなぁという印象です。

フロント・リヤガラス交換だけで約30万円、その理由とは?

一通り見ていくと、フロント・リヤガラスは丸々交換になってしまうのですが、ガラス交換だけで約30万円というのはかなり高額でしたね。

特にフロントガラスだけで約20万円もかかっていますが、Honda SENSING機能に対応している遮音ガラス(複数枚重ねたガラス)とのことで、これだけの費用が発生してくるようです。

一方でリヤガラスは約7万円と、フロントガラスに比べると半分以下になりますが、それでも結構高額なのは間違いないですね。

ちょっと少ない雪であればワイパーは立てて大丈夫だと思う…ただし大雪の日にワイパーを立ててはいけない理由とは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう