早速出てきた!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼル・タイプRが登場したら?20インチホイールやレッドのアクセントが中々にイケてる

今後も新型ヴェゼルの派生レンダリングは次々出てくると思う

2021年2月18日にデジタルワールドプレミアされた、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、このモデルをベースにマツダCX-8の五角形グリルとシグネチャーウィングに移植したレンダリングや、BMWのキドニーグリルを移植したユニークなレンダリングが公開され話題となりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回は、ホンダのハイパフォーマンスモデルとなる新型ヴェゼル・タイプRが登場したら?というレンダリングが公開されているので早速チェックしていきましょう。


新型ヴェゼル・タイプRはこうなる?

こちらが今回、Twitter ID:@haya_carさんによって作成された新型ヴェゼル・タイプRの完成イメージレンダリング画像。

ボディカラーは、シビック・タイプR(Civic Type R)専用色となるチャンピオンシップホワイトに設定したかったところですが、敢えて新型フィット4より採用されているプレミアムサンライトホワイト・パールをベースにしつつ、シンプルなブラック塗装にレッドのディテールアクセントが追加されています。

モデルベースは上から2番目のe:HEV Zだと予想されますが、e:HEV PLaYのように2トーンカラーやトリコローレアクセント、パノラマルーフを取り込まずに、シンプルなモデルをベースにハードコアなエクステリアに仕上げたところはグッド。

足回りは現行シビック・タイプRと同じ仕様に

そして足元には20インチのブラックペイント処理された鍛造アルミホイールと、ブレンボ製ブレーキキャリパ&大口径ディスクブレーキが装着され、シビック・タイプRの名残を付けることでスポーティ感を上手く演出。

なおフロントの水平基調グリルパターンは水平基調でありながらも、ボディカラーと同色もしくはブラックのアクセントではなく、メッキ加飾にすることで高級感を演出してきたところは意外なところ(っというかとても新鮮)。

実は初代ヴェゼルでもタイプR仕様のレンダリングを作成していた?新型フィット4・タイプRも…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう