結構イケてる!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型S2000はこうなる?新型シビック顔でエンジンもタイプRと同じ直4ターボ搭載?

次期シビックをモチーフにした新型S2000のレンダリングはかなり新鮮かもしれない

以前、海外メディア・フォーブス(Forbes)より、ホンダ次期S2000にシビック・タイプR(Honda Civic Type R)と同じ排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載して復活すると報道されていましたが、今回新たに「フルモデルチェンジ版・新型S2000のデザインはこうなる?」というレンダリングが公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのSomak Biswas氏で、過去にフォード次期マスタング・マッハS(Ford Mustang Mach S)のイメージレンダリングを公開するなど、2ドアスポーツモデルをメインに手掛けています。

今回はフォーブスの情報を参考にして作成されたレンダリングだそうですが、一体どのように仕上げられているのかチェックしていきましょう。


ホンダらしくは無いけど結構イケてる新型S2000のイメージレンダリング

こちらが今回公開されている新型S2000のイメージレンダリング。

ボディラインは、先代S2000の丸みを帯びたデザインを上手く取り入れつつ、どことなくマツダNDロードスター(MX-5)の要素も含まれていたり。

しかもフロントバンパーデザインを見ていくと、フルモデルチェンジ版・新型シビック・セダン(New Civic Sedan)のようなフロントロアグリルや、逆L字を用いたLEDデイタイムランニングライトなど、次世代ホンダのデザイン言語を表現したかのようなデザインにまとめられています。

ちなみにこちらが、2021年内に登場予定となっている新型シビック・セダン。

グリルレス風バンパーやサイドエアインテークは異なりますが、トヨタのようなキーンルックグリル風や、LEDヘッドライトが印象的ですし、もしかするとボディカラーも全く同じなのかもしれませんね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スタンダードな次期S2000以外にも、タイプR仕様に仕上げられたレンダリングも登場?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう